FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

考えることは同じ!? 

「ナショナルジオグラフィック 2011年8月号」

既に9月号は発売されているが、8月号の記事。

印象に残った記事は次のもの。

「写真は語る 豚を愛し、豚に愛されたおっちゃんの日常」

1960年から農林行政に関わった記者。ある養豚業者と知り合い、定年後も付き合うようになる。
長年の付き合いの中で撮った写真が何枚か掲載されている。

家畜なので、ペットと同じようにとはいかないが、命あるうちは豚に愛情を注ぐ姿がほほえましい。

「森の精霊 スピリット・ベア」

カナダのブリティッシュ・コロンビア州北部の太平洋沿岸部の森には、アメリカクロクマという熊が生息している。
が、この熊の中には全身が白い固体が存在する。色素の欠けたアルビノでなく、アメリカクロクマの変種だそうだ。

このクマは「スピリット・ベア(精霊のクマ)」と呼ばれ、毛皮取引が盛んな頃でも地元の人は「精霊」の事は、毛皮商人には黙っていたという。
日本でも白いサルやヘビなどは「神の使い」扱いで、大切にされるが、西洋でも考える事は同じらしい。

「Now 解明!月の核」
過去のデータから、その月の内部構造を解析したという記事。
解析結果によると、月の核は液体状の鉄が存在するらしい。

近い上に何度も探査機が飛んでいきながら、今なお謎の部分がある月。
中秋の名月を見ながら、月のウサギにいろいろ聞いてみたい。

「ロボットと人間の未来」
以前は、ロボットは人間の代わりに単純な繰り返し作業を行うもの、人間が行けない過酷な環境で作業するものだった。
が、近年、ロボットに求めるものも広がってきている。かつてのAIBOのように「役に立たない」ロボットが登場し始めたのだ。

その姿が犬などの動物であれば「ペットの代わり」であるが、外見上、人間と区別つかなかったら?
遠い未来に映画「ブレードランナー」に登場した「レプリカント」のような存在も登場するのだろうか。

スポンサーサイト



カテゴリ: 雑誌

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« Fly me to the moon  |  口は災いの元 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/347-61868479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム