FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

先見の不明 

当たった予言、外れた予言
 J・マローン  文春文庫

本書の冒頭より

「SF作家で科学者のアーサー・C・
 クラークは、”専門家”が自分の専門
 分野以外を予言するとき、その予言は
 (必ずと言っていいほど)間違っている
 と語っている。(中略)しかし専門家は
 自分の専門分野においてさえ驚くほど
 近視眼的な見方をし、それが実にひどい
 間違いをもたらすことも事実である」

1858年から1996年までの約1世紀半の
間にされた”予言”が 98 個、取り上げ
られている。
(「当たり」「ハズレ」に関係なく)

相対性理論のアインシュタインは、子供の
頃、学校が嫌いだったので、先生に「将来、
大成しないだろう」と言われたのは、
有名な話。


過去の外れた予言を笑うことは簡単だ。
しかし、その外れた予言をした人の名前を
見ると、その笑いも止まることが多い。

「エジソン」
「アンドリュー・カーネギー」
「ヘンリー・フォード」
 :

特に有名な人を選んで名前を挙げて
みたが、他の人も、少なくとも「並」以上
の能力は持っている、と言えるだろう。

翻って、「並」の能力は、ある(はず)
と思う自分は、先のことについて、
どんな間違いをやらかしていること
だろう。

笑って済む、という程度の間違いで
あることを願う。
スポンサーサイト



カテゴリ: J・マローン

テーマ: 読んだ本の紹介 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« マギー 若き日の歌を  |  永遠のイタズラ小僧 »

コメント

tuckerさん、こんばんは~♪

知識の盲目、知識の死角、知識のアイマスクっていう感じでしょうね。
もしくは、人間は等身大以上に投影されたものは、見えないということかもしれませんね?

tuckerさんのレビューを拝見して、ちょっと、読んでみたいなぁと思いましたので、ひそか~に、蓮華の秘密のチェックリストに入れさせてもらいますね♪

蓮華 #- | URL
2009/06/13 21:21 * edit *

「一寸先は闇」を歴史的な有名人を引き合いに出して
証明したような感じですね。
外れた予言の方ばかり強調しましたが、当たっている
予言もあるので「先見の明」がある人も確実にいる
のですね。(ごく稀ですが・・・)

Tucker #- | URL
2009/06/14 15:21 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/35-272714fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム