小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴き声は変わるよ、どこまでも

ちんちん千鳥のなく声は
  山口仲美
    講談社学術文庫


カラスは「コロク」
ウグイスは「ウーグヒス」
ニワトリは「トーテンコー」
と鳴く。

日本と海外では、動物の鳴き声の聞き方が違う、という話は有名だが、これは日本国内の話。
地域によって違う、ということでなく、時代によって違う。
(地方によっても違うが)

カラス、ウグイス、ホトトギス、トビ、ヌエ(トラツグミ)、スズメ、フクロウ、キジ、(イカル)チドリ、ウトウ、ガン、ニワトリ
比較的、身近な鳥か、誰でも知っているような鳥を題材にして、万葉集や童謡から、日本人が鳥の鳴き声をどのように聞いていたかを辿っている。(例外はあるが)

鳴き声がピンと来ない場合は、ネットで調べれば音声か動画は見つかるので、実際に鳴き声を聞いてから読むと実感が湧くので面白い。


欧米人は「自然と人間は対立するもの」と捉えるそうだが、日本人は「人間は自然の一部」と考える、という違いがあるらしい。
虫の鳴き声ひとつでも欧米人は「雑音」として、日本人は「音楽」として、脳内で処理する、という研究結果もある

俳句・和歌では鳥の鳴き声を意味のある言葉にかけて表現したり、意味のあるフレーズに置き換える「聞きなし」という遊びがあったりするのは、そういう伝統があるせいだろうか。

カラスだけ取り上げても時代によって、「コロク」「コカコカ」「カカア」と鳴いたりする。
同じ鳥なのに、ここまで違うと別の鳥としか思えない。
そして、その鳴き声に「児ろ来(やっこさんが来る)」「子か子か」「嚊(かかあ:”かかあ天下”の”かかあ”)」という意味をかけて、俳句や笑い話に使っていた。

他の鳥でも同様。昔の人が鳥をよく観察していたのがよく分かる。
今より人工的な音がはるかに少なかった頃は、よく聞こえたのだろうし、鳥の鳴き声や行動から得る情報も多かったのだろう。
だからこそ、こんなに様々な種類の鳴き声を聞き取ったに違いない。


ところで、先日、カラスの落し物の直撃を受けた。

この本の中で引用されているが(孫引きになるが)、イタズラカラスを追いかけると
「バカァ」
と鳴くらしい。

あの時、カラスを放っておいてよかった。
追いかけていたら、さらに傷つくことになっただろう。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/359-6e4e5924

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。