小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空は飛んでみたいけど

ナショナルジオグラフィック
 2011年9月号



すでに10月号は出ているが、これは前月、9月号の感想。

特集は「鳥になりたい!」
道具なしでも、人間は走ることも泳ぐことも、木に登ることもできる。チーターやサルや魚と比べると、はるかにヘタクソではあるが・・・。

だが、唯一道具の助けなしではできない事は「飛ぶ」こと。
そのためだろうか、空を飛ぶ事に関しては、特別な憧れを持っている(と思う)

この記事は、そのための道具を改良してきた人々の歴史。
ただし、「飛行機」といったものでなく、体一つに近い状態で飛ぶキケンな道具を使う人々の記事。
「空を飛べるから」と言われて、この手の道具を渡されても、絶対に使いたくない。

他に気になった記事は次の2つ。

「みなしごゾウ 野生に変える日まで」
人間に親を殺されたゾウの子供を野生に帰す施設の話。

この施設の職員達のゾウに対するやさしさ以上に、ゾウの賢さに驚いた。
親がいなくても、年長のゾウは年下のゾウの遊び相手になったり、仲間の死を悼むような行動もとる、という。
脳の形自体も人間とゾウはよく似ているらしい。

ゾウと会話ができたなら、ゾウ達は人間に何と言うだろうか。

「南極点に初めて立った男」
今から100年前、ノルウェーの探検家、アムンセンとイギリスの探検家、スコットが南極点到達一番乗りを争った。

先に南極点に到達したのはアムンセン。スコットはわずか1ヶ月遅れで、南極点に到達。だが、スコットは帰還中、ブリザードに巻き込まれ死亡してしまう。
そのため、南極点付近の観測基地は「アムンセン・スコット基地」と名付けられる。

何年か前、アムンセンとスコットの南極点到達までの手記を読んだことがあり、その時の印象で、アムンセンの方は、南極点到達一番乗りの名誉”だけ”を狙い、スコットは科学調査も兼ねていた、という印象を受け、今まで、どちらかというとスコット贔屓だった。

が、記事によると、アムンセンは名誉欲だけの人ではなかったらしい。言われてみれば、当然だが「刷り込み」というのは怖ろしい。
また、当時の写真も掲載されているので、アムンセンとスコットの本をもう一度、読んでみたくなった。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/361-83ed6386

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。