FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

品質保証 

街場のメディア論
  内田樹  光文社新書


著者の大学での講義を基にして作られた本。ただし著者曰く、講義の様子は原型をとどめていない。
タイトルにメディア論とあるので、当然、テレビや新聞などのマスメディアを対象としているが、途中、著作権に関連して電子書籍について論じている部分もある。

テレビがつまらなくなった、と言われて久しい。
普段から、ちゃんとテレビを見ている訳ではないので、多くを語れないが、何か見よう、と新聞のテレビ欄を開いて「見たい」と思うようなものが何もない、という事が多くなったのは確かだ。
しかもそれが「ゴールデン」と呼ばれる時間帯だったりする。

自分の好みが世間と(おそらくは「多少」)ずれている自覚はあるので、少なくともそのうち何回かは多くの人も同じ事を思っているだろう(と思いたい)


この本では、なぜ、つまらなくなったかの本質を探っている。

一番、印象に残ったのは
「メディアがメディアの批判を手控えたら、メディアの質の保証は誰がやるのか」
という話。

時折、メディア自身の汚点については気付かないフリをする、というのが昔からひっかかっていた。
人気のあった映画は劇場公開終了後、すぐにテレビで放送されるが、テレビの暗部を描いた映画を放送した、という話は聞いたことがない。

以前、ナショナルジオグラフィックという世界的に名の通った雑誌で、「誤報」を特集記事にしてしまう、という事件があった。
発覚後はピューリッツァ賞を受賞したこともある外部の優秀な記者に経緯を調査させて、その結果を同じ雑誌上で発表する、という対応がとられた。
(さすがに写真もない文章だけの記事で、雑誌の後ろの方に掲載されたが)

同じような事が日本のメディアでできるだろうか。

ただ、政治に関して「国民のレベル以上の政治家は生まれない」とよく言われるが、これはメディアに関しても言えるのでは、という気もする。
とりあえず、何となくテレビをつけている、というくらいなら消すようにしてみようか、と思う。

スポンサーサイト



カテゴリ: 内田樹

テーマ: 医学・看介護書 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 信じる者は、また騙される?  |  元を辿る »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/365-94e27d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム