小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の若い者は・・・

ナショナルジオグラフィック
 2011年10月号


11月号は、既に発売されているが、今回は10月号の感想。

特集「ティーンズの脳」
「最近の若い者は・・・」というセリフは古代エジプトの時代から使われ続けてきた由緒正しい(?)セリフ。

上の年代の人から見れば、時に無謀と思われる行動をとることは、これまでは
「精神的に未熟」
という言葉を使ったり、
「脳の処理速度がアップするが、それぞれの機能の歯車が上手く噛みあわない」
と難しそうな言葉を使った説明がなされてきたが、この記事では
「外界に進出するために有効な資質」
という解釈がある事を紹介している。

どんな解釈があるにせよ、上の年代から見れば、理解できない行動をとりやすいのには変わらない。
「最近の若い者は・・・」というセリフは、まだ数千年は使われ続けるだろう。



「次世代原子炉」
次世代原子炉として「ペブルベッド型高温ガス炉」が注目を集めている。
水を使わない冷却システムを用いたり、発電効率がいい、というのがメリットらしい。

が、一番ひっかかるのは
「メルトダウンしないとされている」
という部分。

まだ研究段階なので、仕方ない面もあるが、「・・・とされている」という事がひっくり返って、大騒ぎになっているのを目の当たりにした後だと、「次世代」などと言っても、本来、人間の手に余るものを制御できるように見せかけているだけ、としか思えない。



「太古の地球温暖化」
今から5600万年前にも地球温暖化は発生していた。
原因は諸説入り乱れているが、最も支持されているのは海底や永久凍土の下に閉じ込められているメタンハイドレートが一気に放出された、という説。
地球のシステムが大気中の二酸化炭素を岩に戻してくれたが、それには15万年もの時間がかかっている。

現在、埋蔵されている化石燃料を一気に燃焼させれば、これと同じ規模の温暖化が起こせる、と考えられてる。

5600万年前の温暖化では、生物相に大激変が起きた。
このまま温暖化が行くところまで行ってしまったら、人間は生き残っているだろうか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/369-498598f7

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。