小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難解 科学漫才

0と1から意識は生まれるか
 -意識・時間・実在をめぐるハッシー式思考実験

 橋元淳一郎  早川書房


タイトルを見ると人工知能に関する話を想像するが、実際はハッシー君(著者:ボケ担当)と天才コンピュータ・ドクターψ(プサイ)(ツッコミ担当)の二人(?)による科学漫才。

目次だけを挙げてみると
第1章 葉緑体人間は可能か
第2章 人工生命は自己意識を持てるか
第3章 自己意識とは何か
第4章 時間とエントロピー
第5章 時間はなぜ過去から未来に流れるのか
第6章 真の実在を求めて
と、「SFマガジン」に連載されていたものだけに、SFチックなものが多い。

第1章は「葉緑体人間」と言われても、あまりピンと来ないかもしれないが、理論上、呼吸をする必要がない人間は作る事ができるか、という話。
「地球外生命体は、どのような姿をしているか」というテーマに置き換えて読むと分かりやすいかもしれない。

第2章以降、話は「意識」「時間」「実在」といったものになっていくため、第1章だけ浮いている感じがする。
事実、第2章以降、段々、話が難しくなってくる。(個人的には第4章から脳が息切れし始めた)

印象に残った点は「知能の高さの先に自己意識は存在しない」というもの。
つまり「知能が高い」≠「自己意識を持つ」という事。

コンピュータに「知能」を大量に詰め込めば、「自己意識」を持つようになるか、と言えば、そうでもない。
(だからと言って、コンピュータが自己意識を持つ可能性は否定してないが)
逆を考えれば、アメーバにも「自己意識」があるかもしれない、と考えると面白い。


第5、6章では、仮説ではあるが、「時間」と「空間」は実在しない、という話が飛び出す。
まるで荘子の「胡蝶の夢」。

元々「哲学」は、今で言う「科学」と同じ位置付けのものであったらしいが、こういうテーマになってくると、その事がよく分かる。
でも難しかった・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/371-5f9582d8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。