小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時は金なり

「時」の国際バトル
  織田一郎  文春新書


毎日、毎日、時間を見ているが、よく考えてみると不思議だ。
時間は12進法、分・秒は60進法、(普通の生活では、まず使うことはないだろうが)秒以下は10進法が使われているのに、特に難しさや不便を感じていない。

月は12種類だけなので、日は30、31、28の3種類だが、4年に一度の「うるう年」などというものまである。
しかも、うるう年になるパターンやならないパターンもあり、パソコンで計算させようとすると、少々、面倒くさい。
個人では意識することはないだろうが「うるう秒」もあり、時々、挿入のタイミングがニュースで流れたりする。


この本のタイトルには「バトル」の文字があるが、タイトルと内容が一致するのは最後の5章のみ。
それまでは「時」をどう定義してきたかや時計の進化論、世界各国の時間間隔の比較などの話が続く。

第3章では「文明の進展が時間の細分化を要求する」と言っているのが印象に残った。
第1次産業だけならば、それほど時間の精度は要求されないが、鉄道や飛行機などが発達してくると当然、精密な時間が必要になってくる。
金融の世界では大量の取引注文を素早く捌くため、コンピュータによるミリ秒・マイクロ秒の世界の勝負となっている。

某地域の通貨危機では金融市場からの政府への素早い対応要求が民主主義の手続きをスキップさせようとしている所まで行っているらしい。
(ここまでくると、もはや「暴走」でしかない、と思うが・・・)

ところで、前に読んだ別の本の影響なのだが、「時間」というものは本当に存在するのだろうか。

「距離」や「速度」なら目にも見えるが、「時間」は?
時計の針や建物の影が動くのは「時間」そのものを見ているわけではない。

社会生活をする上で不便だから、時計の針が進むのを「時間」として使うことにしようと決めているだけでは?
だとしたら、自分達が発明した「時間」を正確に計ろうと一生懸命、努力している姿は一体・・・?




スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/375-858bdc1d

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。