小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の中で生きる

ナショナルジオグラフィック
 2012年3月号


気になった記事は次の2つ

「VOICES 未来へのことば」
池澤夏樹による”ふたたび三陸海岸に立っての思索”というサブタイトルの記事。
震災から1年経っているだけにやはり、気になってしまう。

記事の中で
「人間はどこまで自然の中で生きる自分たちを自覚できるのだろう」
という一文が印象に残った。

一見、磐石と思われている建物やそれが建っている地面も、自然の力の前には、もろいものでしかない、というのが分かってしまった。
(家は水に浮かんで流されるものだ、というのはテレビで何度見ても未だに信じられない部分がある)

理不尽に思えても、災害(天災、人災)がある、という事は受け入れるしかないのだろう。
せめて緊急の場合、固まったりしないように、どう動くかは頭にいれておくくらいの事はしておこう、と思う。

「サイの悲鳴」
漢方薬の世界で、「サイの角」は貴重品。ほとんど万能薬扱い。
となると当然のように出てくるのが密猟者。

密猟者からサイを守るために、先にサイの角を切る、という方法をとっているところもあるらしい。
(サイの角は切っても新しい角が生えてくる)
果たしてそれがいいのだろうか、と疑問に思ってしまった。

ちなみに、サイの角の薬効については、科学的な調査はほとんど行われていないらしい。
「薬効あり」となった場合を恐れているのかもしれないが、こちらの方が問題かもしれない。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/397-5bdd2720

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。