小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコ電波

「ネコさまとぼく」 岩合光昭 新潮文庫


「ザ・ウィスキーキャット」に続くネコつながり。

著者は、世界的に有名な動物写真家。
と同時に年季の入ったネコ写真家でもあります。

街なかにいるネコの撮影のためなら、道にはらばいになることも、通行人に怪訝な顔をされるのも厭わない、という姿勢には頭が下がります。
なんだか、ネコと遊んだついでに写真を撮っているという感じです。

そのためか、本に納められている写真の中のネコたちは、じつに生き生きとしています。
解説で赤瀬川原平が、岩合さんは、ネコに好かれる「猫電波」を出しているのでは、と言っています。・・・まさにその通り。

僕も動物写真を撮りますが(趣味のレベルで足許にも及びませんが)、動物が生き生きとした瞬間を撮りたいな、と常々思っています。
「カルガモ電波」や「シマリス電波」が出るようになりたいです。
(↑???)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/4-d1053ca9

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。