小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既読と未読

読んでいない本について堂々と語る方法
 ピエール・バイヤール
 大浦康介 訳
  筑摩書房


本好きをイラつかせ、本嫌いが手を叩いて喜ぶようなタイトル。

「何を!」という気持ちで、読み進めると、著者の次のような問いにたじろぐ事になる。
「本を読んだ、とはどういう事を指すのか?」

「何度も繰り返し読んだ、という事が”読書”なのか?
 ならば、流し読みした本は?、人から話を聞いただけの本(特に古典など)は?」

「何度、読んでも意味を理解していなかったら?
 繰り返し読んでも、時間の経過とともに内容を忘れたら、読んでいないのと同じでは?」

著者が言うには「本を読んだ」という定義があいまいな以上、「完璧に読んだ」という状態はありえない。
つまり本について語る時、(”ある意味”という言葉が付くが)誰もが読んでいない本について語っているのだという。

ただ、だからと言って、本書は本嫌いにとっての「福音書」にもなりえない。
なぜなら、読んでいない本について語るにしても、その本や著者が全体(自分の主観ではなく、社会全体の共通認識)の中のどこに位置付けられるか、という知識は必要だから。
本そのものに興味がなければならないのだ。

ズボラな本のタイトルに見えて、
「本を読む事とは?」
「批評する事とは?」
を論じる本となっている。


ちなみに「読んでいない本について堂々と語る方法」自体は、この本の目次を見れば分かってしまう。
(あくまでざっくりとしたものでしかないが)
ただ、それが分かったとして、その方法で誰もがうまくやれるかは、また別な話。

半分ハッタリでごまかせたとしても、それだけでは、ただ口達者な人間。
結局のところ、語るべき事が自分自身の中になければならないのだ。
その「語るべき事」を自分の中に積み重ねていく方法の一つに「読書」(ただ読むだけでなく、自分なりに消化した読書)があるのでは、と思う。

帯には「これでレポートや論文もこわくない」と書かれているが、そんなにウマイ話はない。
(あとがきにもあるが)「本を読まずにすませる本」を「読まずにすませる」人が出てきて、この本の存在自体が危うくなってしまうからだ。

なお、一応、念押ししておくが、この感想は本書を(それも2回)読んでから、書いている。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/407-27bd2845

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。