小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

「強い人」か、「人の強さ」か

「ラッキーマン」
  マイケル・J・フォックス  SB文庫



「マイケル・J・フォックス」

この名を聞けば、多くの人が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を思い浮かべるだろう。
だが、それ以前にテレビドラマのシリーズで、すでに充分に人気を得ていた。

そして、それ以上に有名なのが、1998年に自身が若年性パーキンソン病に侵されている
ことを公表したことである。
実際は、公表から7年ほど前にパーキンソン病と診断されていたが、家族や仕事の関係者
などわずかな人にしか、知らせていなかった。
その間、仕事の時は、薬で症状を抑えていたものの、撮影の時間が延びたりした時などは
苦労したらしい。
突然、休憩時間を入れたり、面会の約束をドタキャンしなければならなかったり。
薬を飲んで、それが効いてくるまでの時間が欲しいためだったり、病気の症状が一時的に
ひどくなってしまっただけなのだが、事情を知らない周囲の人間にとっては、大スターに
ありがちな「気まぐれ」としか映らない。

病気のことを公表したのは、このようなことが積み重なって、自身や周囲の人間にとっても
ストレスになってきた、ということもあるが、何より、公表することで自分が新しい段階に
進める、と考えたからである、という。

公表の内容は、「パーキンソン病によって自分がどれだけ苦しんだか」という告白ではなく、
「パーキンソン病と診断された後、どのような道筋をたどって今に到ったか」というもの
であった。

彼は言う
「この病気にならなければ、僕はこれほど深くて豊かな気持ちになれなかったはすだ。
だから、僕は自分をラッキーマンだと思うのだ。」
「パーキンソン病は、僕から何か奪ったわけではなく、僕にパーキンソン病という要素が
加わったのだ」
「もし今、パーキンソン病を消せるとしても、病気にかかる前の状態には戻りたくない」
と。
(もちろん、いきなりこのような考え方に達したわけではなく、病気を否定してくれる
医者を渡り歩いたり、酒に逃避したりを経た上である。なにより診断されてから、
公表するまで7年もかかっている)

奇しくもオリバー・サックスの「火星の人類学者」で脳の病を抱える患者達は、口を揃えて
「自分のアイデンティティの一部であり、病気を消せると言われても必要ない」
と同じようなことを言っている。

これは、この人自身や周囲の人が精神的に強いためなのだろうか、それとも同じ境遇に
なれば(人によって時間の差はあるだろうが)しだいにそのような考え方になるものなの
だろうか?

少なくとも、今現在の自分には、辿り着けそうにない境地だ。
だから、マイケル・J・フォックスの毎日の祈りの言葉を借りて、神様にでもお願いしたい。
「自分では変えられないことを受け入れる平静さと、
 自分に変えられることは変える勇気と
 そして、その違いが分かるだけの知恵をお与え下さい」
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/41-3ac9c692

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

初めまして。
本カフェの足あとから、ご訪問させていただきました。(^_^)

偶然にも、
「ラッキーマン」は、新刊が出たばかりの時に読みまして、
とても感動した一冊でしたので、
思わずコメントをさせていただきました!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。。(*^_^*)

  • 20090805
  • リヤドロジョゼ ♦pFGhcGG.
  • URL
  • 編集 ]
Re: タイトルなし

> 初めまして。
> 本カフェの足あとから、ご訪問させていただきました。(^_^)
>
> 偶然にも、
> 「ラッキーマン」は、新刊が出たばかりの時に読みまして、
> とても感動した一冊でしたので、
> 思わずコメントをさせていただきました!
>
> 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。。(*^_^*)


こんばんは。
コメントに気が付くのが遅くなり、すいませんでした。

読んでいない本が何冊か積み上がっている状態だったのですが、
この本を知った時は、即買いで、他の順番待ちの本を押しのけて
読んでしまいました。

感想でも触れましたが、以前に読んだオリバー・サックスの「火星
の人類学者」でも、「病気を消す方法があるとしても必要ない」と
言う人たちと同じような事を言っているので、どんな経緯があって
そのような考えになるのかと、とにかく一気に読んでしまいました。

  • 20090812
  • KarrNon ♦-
  • URL
  • 編集 ]
コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/