小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマージュ?偶然?思い過ごし?

何かが道をやってくる
  レイ・ブラッドベリ
    創元SF文庫



2012/06/05、レイ・ブラッドベリ氏、死去。享年91歳。
・・・というニュースを聞いたので、急遽、追悼の意味も込めて、ブラッドベリの作品を読むことに。


ある年の万聖節前夜(ハロウィン)、13歳だったジムとウィルの2人が体験した異様な世界。

真夜中に街にやってきたカーニバルの一座。一見、普通のカーニバルのように見えるが、何かが違う。
特に「故障中」という貼り紙のある「鏡の迷路」と「メリーゴーランド」

それを裏付けるように「鏡の迷路」では、2人が通う学校のフォレー先生が中で「何か」を見て、半パニックに陥る。

そして、ついに2人は見てしまう。
カーニバルの一員、クガー氏が逆に回るメリーゴーランドに乗ると、みるみる若返り、ついに少年の姿になるところを。

旅のカーニバル一座、というのは「楽しい」というイメージがある反面、一般人にしてみれば「どこの誰とも知れない不気味な存在」でもあるのだろうか。

ふと思い出したのは、スティーヴン・キングの「IT」

主人公達と対立するIT(「彼」でもなく「彼女」でもなく「アレ」としか呼べないもの)は決まった姿は持っておらず、相手が心の底で怖れるものに姿を変える事ができる。
ただ、多くの場合、ある決まった姿で現れる。

その姿とは「ピエロ」

しかも、ITは、ある町に一定の間隔でやってくるが、本作品のカーニバル一座も(周期は分からないが)かつて何度か町にやってきている。
「IT」では、その町は「狩場」だからでは、とほのめかされる。
本作品では、なぜ何度もやってくるかという理由は明かされないが、もしかしたら・・・と思えてくる。

さらに両作品とも主人公達は(結果的に)相手の持つ能力を逆手にとる事で「敵」に勝利するが、その後で、主人公にとってかけがえのない人物を取り戻すための「儀式」を行う点まで共通している。
キングのブラッドベリへのオマージュなのか、単なる偶然の一致なのか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/415-69954d2b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。