FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

こんなこといいな♪できたらいいな♪ 

PEN+
  大人のための藤子・F・不二雄


雑誌「PEN」の別冊で、一冊まるごと「藤子・F・不二雄」の特集。

藤子・F・不二雄と言えば、誰もが「ドラえもん」を思い浮かべるだろう。
その「ドラえもん」は、2112年9月3日が「誕生日」

今年は、その100年前の記念の年で、先日「ドラえもん生誕100年"前"記念日」の事がニュースになったのも記憶に新しい。

記事は「ドラえもん」や「パーマン」など、誰もが知る超有名な作品だけでなく、短編についてもページを割いて大きく扱っている。
藤子・F・不二雄の作品は、短編の方が好きなので、個人的にはうれしい内容。
(さすがに「ドラえもん」が中心になるが・・・)

ただし、一番好きだった「老年期の終わり」が紹介されていなかったのが残念。
このような特集には、必ずある「宿命」のようなものと思うしかないだろう。

その代わり、個人的なお気に入り作品の一つ「超兵器ガ壱号」がカラーイラスト付きで紹介されていたのは、うれしい誤算だった。

面白いと思ったのは、作品発表の年表。
短編と他の有名作品をまとめたものと、短編だけをピックアップしてまとめた年表の2種類ある。

こうして年表として、まとめられると同じ時期にどんな作品が発表されたのか、何が起きた時期に発表されたのかが分かりやすく、ついつい見入ってしまう。
これが何より藤子・F・不二雄を物語っているように思える。

また、藤子・F・不二雄の言葉を集めた記事では、のび太のようなダメなキャラは生き生きと描けるが、皆が憧れるカッコイイヒーローは何か現実感のないキャラになってしまう、と語っている。

自分自身が「のび太」であり、多くの人が程度は様々ながら「のび太」的要素を持っているのでしょう、という言葉が身にしみる。
そしてそれは世界共通なのだろう。
だからこそ、「ドラえもん」は長く愛され、世界中で受け入れられているのだと思う。

2012年9月3日の朝日新聞で
「ドラえもん」は米国には進出していない。
「自助努力」や「進歩」といったアメリカ的価値観と相容れない云々・・・
といった内容の記事があった。

これを読んだ直後は「さもありなん」と思ったが、その後「一皮剥けば一緒」と思うようになった。
単に「のび太的要素」がある事を堂々と認めるか、認めないかだけの違いでしかないのでは・・・。

また
「面白いマンガを描くコツは、作者自身にとって面白い作品を描くこと」
という言葉も印象に残った。

ウルトラマンの監督の一人だった実相寺昭雄も
「子供に何を見せよう、と考えた事は一度もなかった。
 ただひたすら自分が子供の頃にできなかった事をやっていただけ」
という旨の事を言っていた。

これさえ守っていれば、必ず「名作」になるわけではないが、「名作」と言われるものは必ずこういう要素が入っているのだろう。

この雑誌で、まだ読んだことのない短編があることも分かったので、探して読んでみたい。
スポンサーサイト



カテゴリ: 雑誌

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« どこにいるのか「兄弟」よ  |  いつでも探しているよ、どこかに君の姿を »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/428-ca3e9d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム