小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映し鏡

オカルト「超」入門
 原田実
  星海社新書


オカルトに関する重大事件について、その成り立ちと背景を歴史研究家の視点から解説したもの。
オカルト関連の事件・遺物・文献などは、その時代を反映したものばかりだという。

例えば、UFO目撃談は、米ソ冷戦下の不安感が反映されているといった具合。

ただ、本書ではオカルトの代表的なジャンルとその歴史の解説に力点が置かれている。
それぞれの時代背景や、その位置付けといった「分析」は最後の章で出てくるのみ。

オカルトを通して、それが流行った時代背景を探る、といった事を期待していると少し拍子抜け感がある。
が、そもそも「入門」と題しているので、「入り口」としては、これで十分なのかもしれない。

それにしても驚かされるのは、オカルトでは同じ事が何度も繰り返される、という点。
・主張する内容をよく調べると、以前、流行った事が少し装いを変えているだけ。
・検証のためと称して、科学者が引っ張り出されるが役に立たない。(同時にマジシャンが呼ばれることはほとんどない)
などなど・・・。

まじめに対応するとバカバカしくなってくるが、一種のファッションと捉えて、その時代を映し出す「鏡」と考えると、面白いものが見えてくる。

別の本で紹介されていた例だが、「宇宙人の故郷の変遷」がある。

地球にやってくる宇宙人は当初「月」「火星」「金星」から来ていたのだが、今は何十光年の彼方から来るようになっている。
その背後にあるものは「探査機が飛んでいって観測が進んだ」という事実。

どうでもいいような事の中に「神」は宿っているのかもしれない。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/437-3b8d6aba

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。