小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイキング・オブ・タイムマシン

タイムマシンをつくろう!
 ポール・デイヴィス
  草思社


あの時、ああしていれば・・・と思った事がない人はいないだろう。
少しだけ時間を戻したいと思う事はたびたび。
タイムマシンさえあれば、そんな悩みも解決なのだが、あいにく、そんな便利な機械はない。

だが、タイムマシンはSFの中だけの話ではない。

理論の上では時間旅行は否定されていない。
が、「否定されていない」のであって、「肯定されている」わけではない、というのがミソ。
しかも、あくまで「理論の上」

本書で提唱されている方法は、たった4つのステップからなる。

ただし、第1ステップからして「10兆度の高温状態を作る」というハードルの高さ。

太陽の表面が6000度
太陽を取り囲むコロナが200万度
ウルトラマンを倒した怪獣ゼットンが吐く火の玉は1兆度
ちなみに1兆度は、ビッグバンから0.00001秒後の宇宙の温度に等しい。

当然の事ながら、本書で提唱されているタイムマシンの作り方は現実的なものではない。
ただ、興味がかきたてられるのは事実。
普通に宇宙論を解説するのも面白いのだが、それとは違う面白さがある。

また、著者によると
「極端な状況に既存の理論を適用して、その欠陥や矛盾点を洗い出す」
という事にも役立つそうだ。

ところで、本書で紹介されたタイムマシンの作り方は、どこかで聞いた事があると思ったが、スティーヴン・バクスターの「時間的無限大」で同じ方法が使われていたのを思い出した。
おそらく、これ以外でも時間旅行が絡むSFで使われていることだろう。

さて、タイムマシンが実際に完成したとしたら?
過去に戻って、自分のしでかした失敗を防ぎたい、と思うが、よく考えてみると、その後の「良い事」までもなくなってしまうかもしれない。
やはり、過去は変えられない方がいいと思う。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/442-9376435c

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。