小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「死」と向き合う

エンジェルフライト 国際霊柩送還士
 佐々涼子
  集英社


海外で亡くなった日本人、日本で亡くなった外国人の遺体を家族の元に返す「国際霊柩送還」専門会社エアハース・インターナショナルの人々に密着したドキュメンタリー。

その業務の性格上、どうしてもきつい表現が多いので、万人に勧められる本ではないと思う。

その点を除いても(海外で死亡してしまうかは別にして)「死」は誰もが必ず経験(?)することだけに、そう何度も読み返せるものではない、と感じた。
(内容が不快という訳でなく、誰にでも起こる事で痛すぎるから)

以前読んだ、上野顕太郎の「さよならもいわずに」(ビームコミックス)を思い出した。
(感想:http://randokukanso.blog79.fc2.com/blog-entry-301.html)
こちらも同じ理由で、未だに読み返す「勇気」が持てない。

エンバーミング(防腐処理)の是非や海外の遺体搬送ビジネスの「闇」にも触れているが、「死」とどう向き合うか、という話がメイン。
特に遺体搬送ビジネスの「闇」は、かなり深そうだ。
これだけでも、一冊の本になりそうだが、本書のメインテーマではない。

人は死んだ後、いつから「死者」になるのだろう?
客観的には「心臓が止まった時から」なのだろうが、残された側にとってはどうなのだろう?

心臓が止まったら、そこに「いる」ではなく「ある」になる、と簡単に割り切れるだろうか。
理屈では、もうその人はそこにいない、というのは分かるが、どうしてもまだ何かが残っているように思える。
と言うより思いたいのかもしれない。

だからこそ、国内・海外を問わず、事故や災害で亡くなった人でも、遺族はできる限り遺体を捜そうとする。
本書に出てくるエアハース社の人達も遺体と接する時は、生きている人と同様に接する。

前述の「さよならもいわずに」にも葬儀社の人に「何か形があった方が送り手の方が安心するものだ」と言われる件があったのを思い出した。
そのため、遺体や儀式という「形」が必要なのだろう。

そして、死者と向き合いやすくしたのが「エンバーミング」なのかもしれない。
人間の体を破壊する力を持つ技術が発達したという事と二人三脚ではあるだろうが・・・。

おそらく世界中に「葬式」という儀式があるのは、死んだ人のためであると同時に、残された側のためでもあるのだろう。
「死」を納得し、受け入れやすくするために。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/458-0d78a389

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。