小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海は広いな、大きいな 怪物は潜むし、船は沈む

滅びし獣たちの海
 星野之宣
  幻冬舎コミックス漫画文庫


海が舞台の短編5編からなる。

「レッドツェッペリン」
「鯨鬼伝」
「アウトバースト」
「罪の島」
「滅びし獣たちの海」

「アウトバースト」のみ海は関係なし。

星野之宣と聞くとSFを思い浮かべる人が多いだろうが、これらの5編はどちらかというと「宗像教授」シリーズのテイストが強い。
印象に残ったのは「鯨鬼伝」「アウトバースト」「罪の島」の3編。


「鯨鬼伝」
江戸時代、捕鯨の村であり、村民全員が隠れキリシタンでもある村に漂着した西洋人の話。
漂着した西洋人は宣教師らしいが、ある特定の鯨を見た時、何かに憑かれたようになる。

それには理由があるのだが、明かされるのはラストの一コマ。
そこで初めて、それまでの伏線が明らかになり、「鬼」とはそういうことか、とわかる仕掛けだが、「あの作品」の「あの人」の名を知らないと「?」となってしまうのが難点。
有名な話なので、名前くらいは聞いた事がある、というのも多いだろうが・・・。

「アウトバースト」
南米で新たに発見された古代都市を巡るブラックな物語。
「宗像教授」シリーズ+「ホットゾーン」(リチャード・プレストン)という感じの作品。

「森の神の復讐」の方法がゾクッとする。
こんな方法を取られたら、防ぎようがないから・・・。

「罪の島」
船が転覆し、乗客・乗組員の一部は近くの島に命からがらたどり着く。
そこは、かつて収容所だったようだが、今は誰もいない。
研究施設跡もあったが、そこで研究されていたものは・・・。

ラストのモノローグがグサリとくる。
「人間は罪を小さな島に封じこめて忘れ去ろうとするかもしれない。
だが、罪は人間を忘れない。
それは永久に我々を告発し続けるのだ」

”小さな島”の部分を入れ替えれば、戦争・公害病・原発事故など、何十年も引きずるような問題の事とも考えられるから。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/460-36f202c8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。