小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【祝】ナショナルジオグラフィック協会 設立125周年

ナショナルジオグラフィック
 2013年 1月号


今年はナショナルジオグラフィック協会の創設125周年の記念の年。

それを記念して、今年は「探求の新たなる時代」をテーマに1年間、関連特集を掲載していくらしい。

今号は構成も少し変わっていて、表紙が5種類。
「人類の限りない探究心を5枚の表紙で表現した」とのこと。

先頭の表紙は「果てしなき宇宙の夢」がテーマの表紙。
その後、「野生の楽園」「微小な世界」「地球の頂点」「未知の深海」がテーマの表紙が続く。
(各テーマについての記事もある)

そして、付録はナショナルジオグラフィック協会地図製作部門が製作した初めての世界地図の復刻版。
1922年12月号の付録。

北極、南極には「未探検」の文字があったり、ミクロネシアには「日本委任統治領」の文字があるあたり、時代を感じる。

裏面には最新の世界地図。
北極、南極の「未探検」の文字は無くなったが、世界は、どれだけ良くなったのだろうか、とふと思ったりする。

ところで、記事の方で気になったのは「果てしなき宇宙の夢」
SFが好きなので、こういうテーマの記事は、ど真ん中のストライク。

未来の宇宙船(主に恒星間宇宙船を想定している)の動力源についての話。
ソーラーセイルについての話は、JAXAの「イカロス」が成功したニュースが思い出され、興味深かった。

最近、民間会社による地球近傍の小惑星の資源採掘(の構想)の記事を見かけたが、地上の争いと同じレベルの争いを宇宙にも持ち込んで欲しくない、と思った。
が、きっと持ち込むのだろう・・・。

スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/463-590a53b8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。