小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末ガンダム伝

ガンダム・センチネル ALICEの懺悔 
  高橋昌也
   大日本絵画


地球連邦とジオン公国の戦争を描いたのが「ガンダム」(ファーストガンダム、と呼ばれる)
そして、その後、ジオン公国の残党狩りを目的に結成されたティターンズ、そのティターンズと対立するエゥーゴとの紛争を描いたのが「Zガンダム」

本書は、その「Zガンダム」の最後の戦いの時期から始まった反乱事件を描いたもの。

ティターンズ寄りの地球至上主義の青年将校達が「ニューディサイズ」を名乗り、反乱を起こし、小惑星基地ペズンに立て篭もる。
その反乱部隊を討伐するために派遣されたのがα任務部隊。

両者の戦いが描かれるのだが、α任務部隊の増援として派遣された艦隊がまるごと「ニューディサイズ」側に寝返り、また月面都市エアーズも街ぐるみで「ニューディサイズ」に加担。
また、ジオン公国の残党「ネオ・ジオン」の暗躍もあり、状況は混迷を深めていく。

ガンダムの舞台設定を使ってはいるが、戊辰戦争が下敷き、となっている。
「ニューディサイズ」は新撰組にあたり、その主要メンバーも新撰組の隊士の名前が由来となっている。

近藤勇 →ブレイブ・コッド
土方歳三→トッシュ・クレイ
沖田総司→ジョッシュ・オフショー
斉藤一 →ファスト・サイド

「ニューディサイズ」に寝返る艦隊の司令官ブライアン・エイノーは”榎本武揚”がその名の元になっている。
さらに月面都市エアーズは「会津」。

この辺りの事は、巻末にある著者とメカデザイナーの「対談」で言及されている。
またネットで検索しても、その情報は、すぐに出てくる。
ちなみに、ジョッシュ・オフショーだけ最後まで、どのように「変換」したのか分からなかったので、「カンニング」でようやく解決した。

元々の企画は「ガンダム」のスポンサー、バンダイから模型雑誌モデルグラフィックスへ発注されたもの。
そのため登場するモビルスーツ(MS)のデザインは文句なしに素晴らしいが、小説パートは少々、貧弱(だったらしい)

貧弱だった小説パートを増補・改訂したのが本書だが、それでも(小説内の)事実を追いかけるのが主で、登場人物で共感できる人はあまりいない。

主人公からして主役MSに乗っている、という以外、あまり存在感がない。
むしろ「ニューディサイズ」側のトップ3の方が詳しく描かれている。

そのため、個人的には本当の主人公は、トッシュ・クレイとジョッシュ・オフショーだと思っている。
ちなみにジョッシュ・オフショーは、数少ない共感できた登場人物だった。
(それもクライマックスになってから、ようやく)

元々、模型を魅せる企画なので、魅力的な登場人物があまりいない、のは仕方ないのかもしれない。
(巻末の対談で、著者もそのことは認めてもいる)

ガンダム、というと反射的に「ニュータイプ」という言葉が連想される世代だが、本書では「ニュータイプ」という存在は登場しない。
その代わり登場するのが「ALICE」

「ALICE」は主役MSのSガンダムに搭載されているコンピュータ。
「人工知能」というレベルではなく、「人工知性」もしくは「ある意味、人間」を目指したもの。

物語当初は「ALICE」は、基礎学習が完了しただけの状態。
軍の技術部は実戦を通して「人間」(の矛盾)を学ばせようとしていたのだ。

ただ、その学びの過程があまり繋がっていない、というか飛躍があるような印象も受けた。
コンピュータだから、凡人の思考速度が追いつかなかっただけだろうか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/474-123847a2

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。