FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

囚われないために 

終末のラフター
 田辺イエロウ
  小学館


舞台は中世のような世界。
ある日、突然、101の口を持つ「白い悪魔」(というより異形の怪物)が現れ、世界のほとんどを喰らい尽くす。
密かに備え続けた者達が白い悪魔に戦いを挑み、7日間の死闘の末、白い悪魔は体を切り刻まれ滅んだ。
・・・かに思われた。

バラバラになった「白い悪魔」の破片は人に取り憑いたのだ。
そして、取り憑かれた者は不死者となり、周囲の人々から「悪魔」と忌み嫌われた・・・。

「白い悪魔」との戦いから25年後。
とある街に頬に「悪魔の口」(「白い悪魔」に取り憑かれた者に現れる烙印)を持つ少年(主人公:ルカ)と、その妹(ハル)がやってくる。

その街は、すでに別の「悪魔の口」を持つ男(ゴドー)に脅されていたため、住民はざわめく。
「なぜ、この街に2人の”悪魔”が・・・」

だが、街に現れた2人目の「悪魔」であるルカは、町長にこう語る。
「取引をしよう。
自分は同族狩りが専門の”悪魔喰い”
街を脅す”悪魔”を葬る代わりに報酬をもらうが、その後、街を去る。
悪くない話だろう?」

町長をはじめとする街の人々は、その申し出に戸惑いながらも「契約」を交わし、ルカと街を脅す「悪魔」との戦いが始まる・・・。

ゴドーとの戦いは、いきなり始まるわけではなく、最初はゴドーの情報を得るため、聞き込みから始まる。(地味な感じではあるが・・・)
「敵を知るため」であると同時に「武器」を手に入れるため。
ルカ曰く「悪魔が本当に突かれて痛い所は、心にあんのさ」

相手は不死者であるため、実のところ、ナイフなどの武器は、あまり役に立たないのだ。

冒頭の町長との話や「聞き込み」の過程であきらかになるが、街の人々も一方的な被害者ではない。
むしろ、原因を作ったのは街の住民の方。

「悪魔の口」を持つ者を怖れるあまり、街の住民が先にゴドーを刺して殺してしまうのだ。
が、ゴドーは不死者。
生き返り、また街に戻ってくるが、恐怖に囚われた住民は、またゴドーを殺す。
その後、再びゴドーを殺すが、また生き返り、戻ってくる。
そして、殺されるたびにゴドーは街の住民への憎しみをつのらせてゆく。

ゴドーは最初は「不死者」(というより「死ねない者」という表現の方が正しい感じがする)でしかなく、ひっそりと暮らす事を望んでいたが、そんなゴドーを「悪魔」にしたのは、街の住民自身だったのだ。
何度も街に戻ってきたのは、憎しみからではなく、その街がゴドーの故郷だったから。

恐怖に囚われ、冷静な思考ができなくなった街の住民。
街の住民への憎しみに囚われ「悪魔」となったゴドー。

ルカがゴドーに言い放ったセリフ
「(一線を越えて)戻れねェ奴が最後にすがるのが、”思い出”たァ、笑えるね」
が印象に残る。

街の関係者の中では、唯一、教会の神父ラゲルだけが、「悪魔の口」を持つ者であっても「不死者」であるうちは、脅威となり得ない事を認識していた。

教団の教えでは「人(「不死者」を含めて)を愛せ」と説くが、その教団の非公式な報告の中では、「不死者」は互いに喰い合い、一つになり、「白い悪魔」を復活させる怖れがある、と言っている。
「白い悪魔」を直接、見た事があり、その後、何年も口がきけなくなるほどの恐怖を覚えたラゲルは、教団の教えと、脅威となる可能性を持つ(かもしれない)「不死者」への態度をどうすべきかで揺れ動く。

街で「不死者」と「悪魔」の違いを説くが、自身「迷い」に囚われているため、その言葉は街の住民には届かない。

ところで、ルカが”悪魔喰い”を生業としたのは「囚われないため」
迫害を受け、引き籠っても「憎しみ」に囚われるだけ。
「悪魔の口」の謎に近付くには、自ら動いて「悪魔」に近付くしかないから。

全体として暗いトーンで、登場人物のうち心からの笑顔を見せるのは、ルカと妹のハルの2人だけ。
(ルカは最後の最後で笑顔を見せるだけだが)

囚われず自由である(少なくともそれを目指す)からこそ大口をあけて笑う事ができるのだろう。
タイトルの「ラフター(Laughter)」(大声で笑う)の意味が最後になって分かった。
スポンサーサイト



カテゴリ: 田辺イエロウ

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« B級映画  |  「お祓い」せよ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/476-51077205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム