小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B級映画

空間亀裂
 フィリップ・K・ディック
  創元SF文庫


本書は読書コミュニティサイト「本が好き」より献本いただきました。感謝。

西暦2080年、世界は人口の増加に苦しめられており、1億近い人々が「凍民」として、いつ覚めるとも分からない眠りについていた。
史上初の黒人大統領候補となったブリスキンは、かつて夢見られたものの放棄された他惑星への殖民計画の再開を唱える。

ちょうど同じ頃、時間理論を応用して作られた超高速移動機の内部に亀裂が発見され、そこから別の世界に行けることが判明。
この発見された「異世界」が居住可能ならば、わざわざ他の惑星など探す必要はない。

ただ、折りしも大統領選挙中。
この「異世界への移住計画」は大統領候補者、超高速移動機を開発した民間企業、裏社会の大物の思惑が絡む。
ただでさえ、ややこしい状況に加えて、致命的な事実が発覚する。
この「異世界」は無人ではなかったのだ・・・。

「超高速移動機」そのもの(原理など)に関する記述は、ほとんどないが、一言で言ってしまうと「どこでもドア」のようなもの。
ただ、入り口から出口までに数メートル程度の距離があり、その間に「空間の亀裂」が見つかった、という事らしい。

人種差別、人口冬眠、アメリカ流の選挙戦術、異世界など、いろいろな設定・アイディア盛りだくさん。
よく言えばサービス満点だが、悪く言えば、どれも中途半端に終わっている。
(ツッコミどころが多いまま、という点が結構ある)

前半は、話の展開がモタモタしている印象を受けるが、後半は一転、かなり駆け足。
そのため、中途半端な点やツッコミどころは残しつつも、一気に読ませてしまう。

あとがきによると、ディック本人が「ひどい小説」と言っていたらしい。

まるでB級映画を見ているような感覚。
ただ、最初から、B級映画、と思って読めば、それはそれで楽しめる。

普通であれば、悪い意味で期待を裏切られた、という事になるところだが、過剰な材料を並べて、一気呵成に話を進めて、少々の疑問点は押し流す、というのはディックの作戦だろうか。
もし、そうであれば自分は見事にひっかかっている。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/477-3b82e4ed

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。