小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠の命」?

ナショナルジオグラフィック
 2013年 4月号


印象に残った記事は次の3つ。

1.復活する絶滅種
 絶滅した動物をクローン技術で蘇らせようとする研究についての記事。
 ただ、復活が望めるのは、今から数万年前までの間に死に絶えた生物種に限られる。
 要するにゲノムを再構築できる程度のDNAが残っていなければならないので、今のところ、恐竜の復活まではできないらしい。

 記事にもあったが、仮に絶滅したリョコウバトの外見と生態を再現できたとしても、それはリョコウバトと呼んでいいものだろうか、という疑問がある。

 コワい例えだが、死んだ人のクローンを作って、故人と同じ記憶を持ち、同じ考え方をするようにしたら、それは同一人物なのだろうか?
 同一人物だとしたら、死んだ人は一体、何者で、逆に同一人物ではないとしたら、作られたクローンは一体、何者なのだろう?

 この類の研究には「生命の神秘を探る」という面と「生命を弄ぶ」という面がギリギリの綱引きをしているような感じがある。

 が、おそらく技術的に可能であれば、いつか「リョコウバト」は復活する(復活させられる、と言うべきか)だろう。
 「キメラ」が生まれない事を祈るのみ・・・。

2.マナティー 保護か観光か
 温かい水を求めて米国フロリダ州のキングス湾に集まるマナティー。
 観光資源としてのマナティーと、マナティーの保護を巡る問題。

 ある意味、「お約束」の対立だが、その原因となっているのが、おとなしいマナティーだというのが、なんとも皮肉。

 フロリダ州のマナティーの死因の四分の一が船との衝突で、さらに船のスクリューで傷ついたマナティーの写真を見れば、やるべきことは分かっているように思えるが・・・。
 そこに暮らしていない、よそ者の考えなのだろうか。

3.ワイルドなやつら
 ヨーロッパの伝統的な祭りに登場する異形の者の紳士(?)録。

 熊や牡鹿、魔物に悪霊。
 中には、日本の「なまはげ」を連想させるような姿の者もいる。
 ・・・と思ったら、「なまはげ」と同じような事をする者までいた。

 おそらくは、キリスト教が広まるまで、その土地で信仰されていた神様なのだろうが、その個性的な姿に、ついつい見とれてしまう。

 同じ号の冒頭に「写真は語る」という記事で、日本の異形の神(要するに「なまはげ」のような者)についての写真もあるので、見比べることもできる。
 うまく言えないが、どこか共通したものがあるような感じがする。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/485-ed98b177

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。