小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去に戻ってやり直し

未来からのホットライン
 星野之宣
 J・P・ホーガン(原作)


時間を逆行する未知のエネルギー「タウ波」を発見した老物理学者チャールズ・ロス。
これを利用して、過去にメッセージを送信する機械を開発する。

が、現在のところ、最も過去の時点でも60秒前にしかメッセージは送れない。
ロス博士は機械の出力を上げ、さらに過去(目標は1日前)にメッセージを送る事ができるように改良するため、孫のマードックと、その友人リーを呼び寄せる。

そして、その実験中、思いがけない事が判明する。
60秒後からのメッセージを受信した後、自分達がそのメッセージの送信をキャンセルした場合、最初のメッセージは「なかった事」にならない。
つまり、未来は複数ある、という事。

もう一つは、過去の自分に、これから起こることを警告し、過去の自分がその対策を取れば、未来を変える事ができる、という事。
(未来の自分からみれば、過去を書き換える事になる。)

SF作家ならば、必ず扱わなければならないと言われる「時間をテーマにしたSF」に挑んだJ・P・ホーガンの「未来からのホットライン」を星野之宣がマンガ化した作品。
原作の方は読んだ事がないので、違う点を比較しながら、という楽しみ方はできなかった。

「あの時、ああしておけばよかった。戻れるものなら戻って、やり直したい」と思った事がない人はいないと思う。
だが、それが現実にできるとなったら、本当にやり直すだろうか?

5分前に起きた事が、やり直せるなら、気軽にやるかもしれない。
だが、1ヶ月前、1年前、10年前だったら?
しかも、過去にやった間違いだけを訂正するのではなく、その後に起きた全ての事が影響を受けても、やり直すだろうか?
良い事も含めて、訂正した過去より後に起きた事が、すべて「なかった事」になる可能性があっても?

そう考えると、怖くて、過去を変える事には躊躇してしまう。

しかも「人間万事塞翁が馬」という言葉もある。
今の時点で、過去を振り返り、「間違い」だったと思える事があったとしても、将来、その事が「良い結果」を得るのために必要な事かもしれない。
うっかり過去の「間違い」を修正したために、未来の「良い結果」を逃してしまう事もありえる。

そんな時は、さらに未来の自分が警告を送ってくる事に期待したいが、もしかしたら未来の自分は、ボケていて、まるで見当違いの警告を送ってくる事も考えられる。
そうなってくると「転ばぬ先の杖」につまづくような話になってしまう。
やはり可能だとしても、過去は変えない方が身のためか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/499-e4af92cd

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。