小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力がついた

駅の広告や新刊本のタイトルを見ていると、「力」のつくものが多い。
・・・と言っても、「営業力」や「表現力」など以前から普通に使われている
ものではない。

「段取り力」
「コメント力」
このあたりで首をかしげはじめる。

そして
「社長力」
「日本力」
・・・自分の理解力を超えてくる。

先日、新聞で見つけたのは
「税金力」
・・・・・?

ドサクサに紛れて「長州力」や「長州小力」の本も出してみたら、とか
「力」さえ付いていればいいなら、「明日のジョー」の”力石”の本も
いけるのでは、と思う。
読み方が「りょく」ではなく「りき」でも、大丈夫だろうか。

閑話休題

記憶が定かではないが、「日本人は、なんにでも”道”をつけたがる」
と書いた人がいた。

剣道、茶道、華道に金融道。

その人の言葉を借りれば、
「日本人は何にでも”力”をつけたがる」
ということになる。

心の知能指数「EQ」についての本が出た時、新聞の書評で
「アルファベットは26文字。"I" と "E" は、もう使われたから、
似た本が出るにしても、あと24冊が限度」と書かれていて、
大爆笑した覚えがある。

だが、「力」の場合は、これをはるかに超える。
しかも「力」がつくのは名詞だけ、と思い込んでいたら、「愛され力」
という広告を目にした。

なんでもあり・・・!?

いや、ひとつだけ語尾に「力」が付かないと言える言葉がある。
それは「力」という言葉そのものだ。
・・・・・・でも、ついた姿も見てみたい。

--------------------------------------------
この記事は、以前、別の所に書いたものです。
新ネタを見つけたので、少し変えてのせました。
--------------------------------------------
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/51-5ff1e2ba

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。