FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

児童文学の系譜 

ジブリの教科書2
 天空の城ラピュタ
  ジブリ×文春文庫


スタジオジブリという会社が発足してから、初の作品となるのが「天空の城ラピュタ」
個人的にはジブリ作品の中で、一番好きな作品。

登場するロボット兵がルパン三世(セカンドシリーズ)の最終回に出てきた「ラムダ」にそっくり、というのもある。
ちなみに「ラムダ」自体、アメリカのアニメ版のスーパーマンに出てきたロボットが元になっているらしい。
(ルパン三世(セカンドシリーズ)の最終回の冒頭自体がよく似ているが・・・)

閑話休題

劇中ではロボット兵は何も語らないが、その行動が多くのものを語っている。

ヒロイン、シータがラピュタ語で「我を助けよ」と言うと、周囲の被害を省みず、シータを守ろうとしたり、誰も住む者のいないラピュタでお墓に花を供え続けていたり、と与えられた命令にひたすら忠実。
ロボット兵は大きな力を持っているが、命令の意味を考える能力はない。

命令を与える者次第で、永遠の整備士、墓守人にもなったり、兵器にもなったりする。

それを言ってしまえばラピュタ自体も同じ。
それ自体には「善」も「悪」もないが、それを使う者によって、「善」にも「悪」にも成り得る。

本書の中でラピュタを原発になぞらえて、論じている人もいるが、それは分からないでもない。
自分では
”「やれるから」ではなく「やるべきか」で考えた方がいい。
「やれるから」で突き進んだラピュタ人が辿った末路は・・・”
と受け取っていた。

ところで、本書で面白かったのは、「天空の城ラピュタ」を児童文学の流れの中で捉えようと論じていた部分。
児童文学では主人公が孤児というパターンが多いらしい。

作品中で「動かしやすい」という現実的な理由があるのと同時に、「家族」をテーマにする時、もってこいの設定だからという理由もある。
その意味ではパズーもシータも、まさにこのパターン。
そして、「家族」は、空中海賊ドーラ一家。
事実、物語後半のドーラはパズーとシータの「母親」そのものだった。

また、「ナルニヤ国物語」や「指輪物語」のように「子供が世界を救う」という件も共通している。
(「指輪物語」のフロドは設定上、50歳だが、ホビット族は小人なので、子供のイメージとして)
世界を救った訳ではないが、「宝島」でも大活躍したのは、主人公ホーキンズ少年だった。

ストーリーが一番似ているのは「宝島」だろうか。
当初、敵だった海賊シルバーは途中から主人公達と共闘。
シルバーは、ラストで財宝をくすねて去るが、この部分だけに注目すると、ドーラ一家とパズー、シータの関係とそっくり。

「天空の城ラピュタ」自体を論じているものは多いだろうが、こういう視点から論じているものは初めて読んだので新鮮だった。
スポンサーサイト



カテゴリ: スタジオジブリ

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 懐かしい別世界  |  矛盾を抱えた大変人 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/510-da6c8d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム