小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水物(みずもの)

水惑星の旅
 椎名 誠
  新潮社


水の惑星、青い星などと呼ばれる地球。
だが、その大半は「鹹水(かんすい≒海水)」

本書によると、地球が直径1メートルの球だとした場合、地球の表面は2畳ほどの広さ。
そのうち1畳半弱が海。
海の深さは平均0.3ミリほど。
海水は全部で約660cc
淡水は17cc。そのうち12ccが氷の状態になっている。液体として流通しているのは5cc。

本書は椎名誠率いる取材チーム(といっても数名だけ)による淡水化装置、健康と水、雨水利用、ダム等の問題に関してのルポルタージュ。

個人的には"椎名誠"というとすぐ「あやしい探検隊」シリーズを連想してしまうが、かなり「硬派」な内容。
「あやしい探検隊」などでの無人島のキャンプの経験から、水の大切さは、身に沁みていたが、世界的な水問題に関しては無頓着であったらしい。

そのため、素人目線からのアプローチで、重いテーマであるが読みやすい。
ただし、それがために広く浅い「入門編」でもある。

先日、台風が連続して、やって来たので、「水」にはウンザリしている気持ちもあるが、世界の乾燥地帯からすれば、日本は「黄金の国」に見えるだろう。
世界では、水は国境紛争の原因にもなるし、国際的な大企業の「商品」にもなる。

(一般的に)日本は水に恵まれている(しかも飲料水や料理に適した軟水)だけに、水に関する問題に鈍感。
日本各地で水源地やその周辺の土地が外国企業に買われている、というニュースが時々、流れるが、扱いはあまり大きくないし、水道事業を外資に委託しているケースもある。

ただし、かくいう自分も鈍感な人の一人。

著者が分かりやすい資料の一つとして挙げられていたのが、ナショナルジオグラフィック2010年4月号。
ほぼ1冊丸々、「淡水」をテーマにした号だが、本書の中で言及されるまで、忘れていた。
しかも、ただ読んだだけでなく、しっかり感想まで書いていたのに・・・。

ギクリとしたのは、川の枯渇により干上がった「さまよえる湖」ロプノールを例にした次の一文。
(ちなみに著者自身、1988年の「日中共同楼蘭探検隊」に参加している)

「川の枯渇というのは"都市"や"文明"をいとも簡単に確実に滅ぼしていく。」

人間の歴史は"治水"、"灌漑"などの「水の利用方法」の歴史でもあるが、ウマい利用方法を考えておかないとならないのだろう。
「湯水のごとく」という言葉が"じゃんじゃん使う"から"大事に扱う"という意味に変わったりしないように・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/533-d5391feb

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。