FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

カミングアウト 

天ぷらにソースをかけますか?  ニッポン食文化の境界線
  野瀬泰申
   新潮文庫


自分が常識だと思っていた事が、日本全国の常識ではなかったら?

日本テレビの「秘密のケンミンSHOW」を見ていると、そんな思いに陥る事が度々ある。
本書は、その「秘密のケンミンSHOW」に先駆ける事、4年ほど前に出版された「全日本「食の方言」地図」(日本経済新聞社)の文庫版。

質問内容は
・天ぷらにソースをかけますか?
・紅ショウガの天ぷらを食べますか?
・「ぜんざい」と「お汁粉」の呼び方、どっちが優勢?
・中華まんには何かつけますか?
・「肉まん」と呼びますか?「豚まん」ですか?
・メロンパン?それともサンライズ?
・「お肉」と言えば、何の肉?
などなど・・・

最後の章は、東海道を日本橋から三条大橋まで歩き、
青ネギと白ネギ、うなぎの背開きと腹開き、また蒸すか蒸さないかの分岐点、
「サンマーメン」「イルカ食」「名古屋式のモーニングセット」などの勢力範囲、
などを著者自身の足で確かめる旅の記録となっている。

質問内容への投票結果を都道府県単位に集計した地図が面白い。
東西できれいに分かれたり、ある一定の地域にだけ集中していたり、なぜか「飛び地」があったり、といろいろ。

その理由は、その地域ならではの「生活の知恵」や「必要に迫られた結果、生み出されたもの」だったりする。
なるほど、と思う理由だったり、昔から苦労していたのが偲ばれる理由だったり・・・。
ただし、理由がよく分からない、というケースもある。

以前、読んだ「全国アホ・バカ分布考」(松本修)では、人を罵倒する言葉「アホ」と「バカ」の境界線を探る事から始まった調査が柳田國男の「方言周圏論」を裏付ける論文にまでなっていた。
本書内の質問内容も、深く突き詰めていけば、何かスゴイ事実が判明しそうな感じがする。

特に、東西で分かれる場合、なぜかフォッサマグナ西縁の糸魚川静岡構造線(糸静線)付近で分かれるパターンが多い、というのが不思議。
(当然、ある線できれいに分かれるわけではなく、境界線付近は混交地帯があるが・・・)

昔、関ヶ原が、食べ物・文化などの「天下分け目」になっている事が多い、と聞いた事がある。
関ヶ原は北国街道、伊勢街道、中山道の3街道の交差点であり、分岐点であるため、という説明だったが、本書の結果を見ると、関ヶ原「天下分け目」説にも疑問が・・・。
ツボに入ったのは「灯油を入れるポリタンクの色は赤か、青か?」という質問の結果。
これまた東西で分かれるのだが(北海道は混在地帯)、なぜか糸静線付近。
食べ物の分岐なら、理由が分からないでもなさそうだが・・・。

テレビや新聞で「一億総○○」と表現される時がある。(最近、見かけない感じもするが)
本書を読むと、そんな表現が如何に乱暴なまとめ方か、という事がよく分かる。
食べ物一つ取り上げても、様々な違いがある人々を十把一絡げにしてしまっているのだから・・・。

こういう地域毎の違いは、なくならないで欲しい、と思う。

スポンサーサイト



カテゴリ: 野瀬泰申

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 復讐の鬼  |  挑戦者 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/537-ef72386f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム