小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍子抜け

ブルーシティー
 星野之宣
  メディアファクトリー


宇宙ステーションと隕石群との衝突事故が発生。
これが全ての始まりだった。

地上に落下した宇宙ステーションには未知の病原体が潜んだ隕石が付着していた。
しかも病原体は、人間にとっても、動物にとっても、致死性の上、感染力が非常に高かった。
あっという間に病原体は地球全域に蔓延し、地上の生物は、ほぼ全滅してしまう。

わずかに残った地上の人類は、意図的にオゾン層を破壊、紫外線で自らと共に未知のウィルスを焼き払う「人類自決作戦」を決行。
ウィルスは死滅したものの、地球に残ったのは海の生き物と海底実験都市ブルーシティーに住む2万人だけ、となってしまう。

人類再建を目指すブルーシティーに次々と危機が迫る・・・。

本作、実は未完。

一応、話はまとまって終わるが、
「本当の戦いは、これからだ」
と、どこかのマンガ雑誌で、人気のないマンガにありがちなラストと同じような終わり方を迎えてしまう。

ちなみに本作は1975年に初出。
それを考えると、作者はおそらく続編を書く気はないのだろう。

前半は息もつかせぬハードな展開の連続、(しかも大仕掛けで)手に汗握る。
残念だったのは、後半から。

実は「黒幕」がいた、という展開になるのだが、前半の大仕掛けがすべて「黒幕」個人の仕業(きっかけを与えただけだが)だった、というのが、急にスケールが小さくなってしまったようで、拍子抜けしてしまった。
また、「黒幕」自身も、「ありきたりな悪役」で魅力に欠ける。

ハードSFだと思って読んでいたら、B級SFだった、という感じだった。
最初から、B級SFだと思って読んでいれば、感想は違ったかもしれない。

「続編」に期待すべきだろうか?
そもそも描かれないかもしれないが・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/549-e6f97302

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。