小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の島

ナショナルジオグラフィック
 2013年12月号


印象に残ったのは次の記事

・大海原に浮かぶ幻の島
たった1ページの記事。
南半球のサンゴ海に浮かぶサンディ島。
だが、この島、地図の上にあるだけで実在しない島だという。

1880年頃、誤って描かれて以来、新しい地図が作られる度に引き継がれてしまったそうだ。
2000年にこの事を指摘したナショナルジオグラフィックの読者がいたが、緊急性が低かったため放置。
2012年に、この島があるとされた地点を航行したオーストラリアの科学者たちが陸地がない事を確認したという。

一度、発表されてしまうと「事実」になってしまうのだろうか?
今も地図の上には「幻の土地」があるかもしれない、と記事にはあるが、この話と似たような事は、地図の上だけではないと思う。

・レーザーで遺跡をデジタル保存
レーザースキャン技術を使って、遺跡の3Dデジタル画像を作成するプロジェクトを紹介した記事。
デジタルでデータを保存しておけば、本物が破損してしまった時も速やかに復元できる、というもの。

普通に調査しただけでは、分からなかった事が見えてくる事もあるかもしれない、という期待はできるが、「本物」を残す事を最優先にする事を忘れないで欲しいと思った。

・転がる雑草
西部劇でおなじみのコロコロ転がる丸い枯れ草、タンブルウィード。
タンブルウィードの繁殖力は非常に強く、コロコロ転がるのも種子を広範囲にばら撒くための「戦略」だという。

アメリカ原産とばかり思っていたが、ロシア原産の「外来種」というのが意外だった。
おなじみの光景が実は外国産、というのは、いかにもアメリカらしいという気もするが、反面、皮肉でもあるような気がする。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/552-268ac3c6

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。