FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

したたかさ 

○に近い△を生きる
 鎌田 實
  ポプラ新書


「○」か「×」という二者択一ではなく、その間の「△」を見つけるようにしようというもの。
無論、「△」は一つだけでなく、無数にある。

二者択一というのは、単純で分かりやすいが、反面、単純化しすぎて、様々な考え方があるのを切り捨ててしまう。

以前、流行した「勝ち組」「負け組」という言葉がその典型。

ある点では「勝ち」で、別の点では「負け」であったとしても、その微妙な凸凹は無視して、「勝ち組」「負け組」の2種類しか存在しないかのように扱うのには、当時、違和感を覚えた。
それ以前に「勝ち組」「負け組」の定義が分からなかったが・・・。

二者択一の論法は、様々な考え方を切り捨てている、という事を承知の上で、「悪用」している人も多い。
なので、やたらとこの論法を振り回す人は疑ってかかる事にしている。

閑話休題

「○」あるいは「×」と主張を掲げて、ブレない事はカッコいいし、「△」は(悪い意味での)「妥協」に見えて、冴えないように見える。

だが、見方を変えれば、「○」か「×」かのみしか考えないのは、一種の「原理主義」で柔軟性に欠ける。
主張が全部通らないとダメ、とするのではなく、それに近い「△」(本書では「別解」とも呼ぶ)を求める発想が大切だ、と著者は言う。

以前、新聞記事か何かで
「決めるなら、さっさと決めてくれ。ただし、自分にとって都合のいいように。」
と考える人が多い、という記事を読んだ事がある。

確かにそんな感じの人が多い気がする。
難しい言葉を使えば、「原理主義」的な考え方がはびこっている、となるが、平たく言えば、おもちゃ売り場の前で駄々をこねる子供と変わらない、とも言える。

少しでも自分の主張を潜り込ませようという「したたかさ」は、どこかに旅に出てしまったのか。

国会でさえ「おもちゃ売り場の前の駄々っ子」式の「議論」が多いというのは・・・。
(そういう点ばかり報道されているせいなのかもしれないが)

では、どうすれば「別解」を見つけられるか、となると本書は、急に個別事例の紹介になったり、やたらと抽象的だったりする。
中にはあまり関係ないのでは、と思えるような話も混ざったりするのは、ご愛嬌。

ただ、
「○」または「×」一辺倒ではなく、99%自分の主張を大事にしながら、1%は他人の主張を大事にする
という言葉は印象に残った。

1%くらいなら、我の強い人でも実践できるだろう、という事だが、「形式」だけそうする人がいそうだ。
某国の総理大臣のように・・・。
スポンサーサイト



カテゴリ: 鎌田實

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« カミングアウト、再び  |  わがまま変人、かく語りき »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/557-788a256d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム