小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やなせたかし、戦争体験を語る

ぼくは戦争は大きらい
 やなせたかし
  小学館


「アンパンマン」の作者、やなせたかし氏への戦争体験についてのインタビュー。

著者は、偶然の巡り会わせから、激戦地には行かずに済む。
当初、国内での任務についたが、後、中国の福州へ。
その後、さらに上海に向かうが、その上海で終戦を迎える。

その間、大きな戦闘もほとんど経験する事なく済んでいる。
そのためなのか、「南京時間は無かったと信じている」という言葉も飛び出す。
(この一行だけの記述だったが)

だが、それでも
「ぼくは戦争がきらいだから、早く忘れたかったんです。なかった事にしたかった。」
と語っている。

軍隊に入り、待ち構えていたのは「古参兵によるいじめ」

また、使う装備は旧式。
それをごまかすために「我々には大和魂がある」という、意味不明の精神論を語りだす上層部。

この事だけでも、「お先真っ暗」という気持ちになったという。

著者が直面したのは「戦場の残酷さ」よりも、「日本軍の暗部」の方。
先にあげた、意味不明の精神論に加え、略奪した物資を勝手に自分の荷物として、日本に送る参謀がいたりなど・・・。

そして、終戦により故郷に帰って聞いたのは「弟の死」
また伯父も激戦地フィリピンから生還していたが、がりがりに痩せていた、という。

その運命を分けたのは、単なる「偶然」
偶然の巡り合わせ一つで、こうまで運命が変わってしまうものなのか。

ところで本書で、一番、言いたいと思っていた事は、「おしまいに」に書いてある部分だと思う。

「なんだか、このところ世の中全体が嫌なものはみんなやっつけてしまおう、というおかしな風潮になっているような気がしてなりません。」
この事は自分もなんとなく感じていた。
強いて付け加えるなら、
「相手の言い分を聞く事なく(聞いたフリも含む)」
ということ。

そして「やっつけてしまうおう」と一番大声で叫んでいる人は、実際に嫌なものをやっつける事になったら、決して先頭には出てこない。

だが、だからと言って、相手(「やっつけてしまおう」と叫んでいる人)を排除してもいけないのだろう。
そうしたら、やっていることは一緒だ。

だからこそ、著者は、こう語る。
「嫌な相手ともなんとかして一緒に生きていくことをかんがえなければならないのだと思います。」
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/563-a50c3063

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。