小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の博士、研究日記

中谷宇吉郎 紀行集
 アラスカの氷河
  渡辺興亜 編
   岩波文庫



「雪は天から送られた手紙である」という言葉で有名な、雪の博士こと中谷宇吉郎。
その中谷博士がアメリカ、ハワイ、満州、アラスカなどを訪れた際の様子を記したもの。

今まで自分の中で、中谷博士は人工雪の研究では世界的に名が知られているものの、研究活動自体は日本国内でのみ行っていたとばかり思っていた。

が、本書の中での博士は世界を飛び回って、研究を行う颯爽とした姿を見せてくれる。
考えてみれば、最初のイメージは根拠なしである上、研究が世界的に知られているのであれば、あちこちから声がかかるので、世界各地を飛び回る事になるのは当然ではある。

本書は研究結果の報告や、研究過程の考え方などを述べたものでなく、日記なため、内容的に難しいものは少ない。

招待されてアメリカを訪れた時、講演のオマケで日本文化について述べる、と約束した事が、オマケの方が主題のように報道され、冷や汗をかいた話
があるかと思えば、
満州を訪問した時は、日本の満州開拓のあまりもの準備不足ぶりを批判したりなど、内容は幅広い。

読んでいて、博士が一番、楽しそうに描いているのは、やはり研究をしている時の様子。
その時の様子が目に映るようだった。

印象的だったのは、「地球温暖化」という言葉がない頃から、その事について、うすうす気が付いているフシがあった、という点。
雪の博士の面目躍如、といったところだろうか。

ただ「温暖化」については、未だに大した対応策を考えつけない自分達、「温暖化」自体を認めていない人々などを中谷博士が見たら、何と言うだろう・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/565-c2a9b71b

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。