FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

繊細 

きりのなかで
 木村裕一 作
 あべ弘士 絵
  講談社


あらしのよるにシリーズの第4弾。

今回は、サスペンス(?)のような展開。

ガブはメイにキレイな月を見せたい、と思い、ポロポロヶ丘へ誘う。
が、折りしもオオカミのギロとバリーが、たまたまメイを見つけ、食べてしまおうとつけ狙う。

バリーに、手伝うように言われるが、ガブは手伝うフリをして、メイを助けようと決心。
ガブの活躍で、メイは無事。

ただ、ギロやバリーと話を合わせるため、メイにも聞こえているのを知りながら「ヤギを食いたい」と言ったのを悔やむ。
だが、メイの方もそれは充分、承知の上だった。

それどころか、2匹は、それを冗談のネタにすることもできる間柄になっていた。

ところで、ガブがメイをこの場所に連れてきたのは、ここから見る月がとてもキレイだから。

特別編の「しろいやみのはてで」で出てくる事だが、ガブは何かツライ事があると、ここへ来て、月を眺めていたそうだ。
仲間のオオカミに言ったら、バカにされるだけと思って、黙っていたが、メイは分かってくれそうな気がしたので、連れてきた、と話している。

メイは元から「繊細」というイメージだったが、ガブも充分「繊細」なのだろう。
「ロマンチスト」と言うべきか?

だからこそ、2匹は、馬が合ったのかもしれない。
スポンサーサイト



カテゴリ: 未分類

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 動物の知恵  |  もったいない »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/589-782e900f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム