小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙を夢見た男たち その1

今年は、NASA 設立50周年にあたります。
(*これを書いたのは2008年でした)

ディスカバリーチャンネルで特集番組を放送していたのを見て、宇宙開発関係の本などを紹介したくなりました。
(いろいろありますが、印象に残っているもののみです。)

・「栄光なき天才たち」(第8巻) 
作:伊藤智義 画:森田信吾
 (集英社ヤングジャンプ・コミックス)


 いきなりマンガですが、「栄光なき天才たち」の8巻がロケット開発に
 情熱を傾けた科学者達の話です。
 先駆者だからこそ味わった周囲の無理解。苦労。先駆者だからこそ
 の劇的な出会い。
 このマンガで一番好きな巻です。

・「サイエンス・アドベンチャー」 カール・セーガン 中村保男訳
 (新潮選書)



 宇宙開発の話だけでなく、科学に関する話題を扱ったものですが、
 下巻の「サクラの木経由、火星行き」は、アメリカのロケット工学の父
 と呼ばれるR・H・ゴダートの話で、一番好きなエピソード。

 彼のロケットは、月に行くことはありませんでした。が、この手のもの
 にありがちな周囲の無理解というのは、あまりなく、いろいな人達
 の支援を受けた、というのは、この人の人徳でしょうか。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/6-c87db625

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。