小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去と現在の物語

ドリームキャッチャー (1~4)
 スティーヴン・キング
  新潮文庫


メイン州デリーで生まれ育ったジョーンジー、ヘンリー、ピート、ビーヴの4人。
40歳近くになり、それぞれ問題を抱えていたが、毎年秋、4人で行く鹿狩りが、いいガス抜きになっていた。
そして、今年も鹿狩りに出かけるが、そこで奇妙な遭難者を助けた事で、恐ろしい事件に巻き込まれる事になる。

ドリームキャッチャー、というのはアメリカ先住民に伝わるお守り。
良い夢は通り抜けるが、悪い夢は、このお守りが絡めとってしまう、というもの。
これが物語の内容を暗示する。

ホラーで知られる著者だが、今回はSFサスペンスもの
SFサスペンス、というと「トミーノッカーズ」を連想するが、過去と現在の話が交互に語られるという点で、「IT」の方に近い。

ちなみに4人の生まれ育ったデリーという街は、キングの作品でたびたび登場する架空の街。
「IT」では、デリーが物語の舞台となる。

物語後半、デリーが舞台となるシーンでは、「IT」で登場したキャラの名前が出てきたり、"IT"そのものの存在を匂わせる表現があったりする。
巻末の解説によると、デリー以外にも、他のキング作品で出てくる地名などがあったらしいが、自分は全然、気付けなかった。

ちょっとしたサービスのつもりなのか、
「ピエロのペニーワイズは生きている」
という一行もある。

「IT」を読んだ事がある人が見れば、「!」と思うだろうが、知らない人にとっては「?」だろう。
が、物語の筋には全く関係ないので、絡みは分からなくても、全く問題はない。
そういうのが気になる人には、気になって仕方ないだろうが・・・。

物語の構成としても、どちらも過去と現在のエピソードが交互に語られる、という点で「IT」と似ている、と感じた。
「IT」では、過去の現在の話が同時進行し、本作品では回想シーンとして、という違いはあるが・・・。

過去と現在の話が切り替わる部分は、単純に章や節を変えるのではなく、場面は大きく変わるが、言葉としては繋がっている、という方法がとられているのが印象的だった。
例えば、過去の回想シーンの終わりが「目を覚ませ、目を」で終わり、現在の場面に戻った時、「覚ませ」で始まる、といった具合。
勘違いかもしれないが、他の作品でも同じような手法が使われていた気がする。

ところで、4人の他に重要なキャラとして、ダディッツ、という人物が登場する。
4人を結びつける鍵となる人物。

4人のうち、2人は早々と物語から退場してしまい、回想シーンのみの登場となる。
この回想シーンでの4人とダディッツのエピソードが、実に生き生きとしている。

現在のシーンは、大雪が降っているので、モノトーンの世界、それに暗い描写が多い。
それに対し、過去のシーンは気味の悪い場面はあるものの、おおむね明るい場面が多い、と対照的なのも影響しているかもしれない。

本作はSFサスペンスものではあるが、4人とダディッツとの友情の物語でもある、と思った。
 
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/605-58b1fad4

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。