FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

2014年に読んだ本 

2014年に読んだ本をリストアップしてみました。

相変わらず、ジャンルがバラバラ。そして、流行りモノとは縁がありません。
絵本も読んだ、というのは今年が初めてになります。

こうして振り返ってみて、特に印象に残ったのは
「サードマン」
「謝るなら、いつでもおいで」
「23分間の奇跡」
「チリンのすず」
「ペットセマタリー」
といったところです。

さて、来年は、どんな本を読んでいくことになることやら。

新書
○に近い△を生きる
 鎌田 實   ポプラ新書

笑う科学イグ・ノーベル賞
 志村幸雄  PHPサイエンス・ワールド新書

荒木飛呂彦論
 加藤幹朗  ちくま新書

傭兵の二千年史
 菊池良生  講談社現代新書

検証 東日本大震災の流言・デマ
 荻上チキ  光文社新書

石巻災害医療の全記録
 石井 正  ブルーバックス

「闇学」入門
 中野 純  集英社新書

論理的に考え、書く力
 芳沢光雄  光文社新書

ウルトラマンが泣いている
 円谷英明  講談社現代新書

地球外生命 われわれは孤独か
 長沼毅、井田茂  岩波新書

ウルトラマンの愛した日本
 ウルトラマンタロウ 著、和智正喜 訳 宝島社新書

怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか
 黒川 伊保子  新潮新書

宇宙最大の爆発天体 ガンマ線バースト
 村上敏夫  ブルーバックス

「超常現象」を本気で科学する
 石川幹人  新潮新書

日本の軍歌
 辻田真佐憲  幻冬舎新書

ヒト、動物に会う コバヤシ教授の動物行動学
 小林朋道  新潮新書

単行本
どうぶつたちへのレクイエム
 児玉小枝  桜桃書房

謝るなら、いつでもおいで
 川名壮志  集英社

動物たちの不思議な事件簿
 ユージン・リンデン 羽田節子 訳  紀伊國屋書店

生協の白石さん
 白石昌則 講談社

ぼくは戦争は大きらい
 やなせたかし  小学館

文庫
フェルメールになれなかった男
 フランク・ウイン ちくま文庫

世界を変える日に
 ジェイン・ロジャーズ ハヤカワ文庫

23分間の奇跡
 ジェームズ・クラベル 著、青島幸男 訳  集英社文庫

ドリームキャッチャー (1~4)
 スティーヴン・キング  新潮文庫

ガニメデ支配
 フィリップ・K・ディック&レイ・ネルスン 創元SF文庫

恐怖の都・ロンドン
 スティーブ・ジョーンズ 著、友成純一 訳 ちくま文庫

サードマン  奇跡の生還へ導く人
 ジョン・ガイガー 著、伊豆原弓 訳  新潮文庫

9条どうでしょう
 内田樹、小山田隆、平川克美、町山智浩  ちくま文庫

遠野物語remix
 京極夏彦×柳田國男  角川文庫

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙
 河北新報社  文春文庫

ペット・セマタリー(上・下)
 スティーヴン・キング 著、深町眞理子 訳 文春文庫

震災画報
 宮武外骨  ちくま学芸文庫

内なる宇宙
 ジェイムズ・P・ホーガン  創元SF文庫

中谷宇吉郎 紀行集 アラスカの氷河
 渡辺興亜 編   岩波文庫

納豆に砂糖を入れますか? ニッポン食文化の境界線
 野瀬泰申  新潮文庫

風の帰る場所
 宮崎駿  文春ジブリ文庫

雑誌
ナショナルジオグラフィック
 2014年1月号~2014年12月号

マンガ
ARRMS 1~7
 皆川亮二 七月鏡一(原案協力)   小学館文庫

とりぱん 16
 とりのなん子 講談社

人造人間キカイダー(1~4)
 石ノ森章太郎  秋田書店

絵本
あらしのよるに
あるはれたひに
くものきれまに
きりのなかで
どしゃぶりのひに
ふぶきのあした
まんげつのよるに
しろいやみのはてで

 木村裕一 作、あべ弘士 絵  講談社

チリンのすず
 やなせたかし  フレーベル館


宇宙博2014 公式カタログ
スポンサーサイト



カテゴリ: 雑記

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

« 身の丈ワイルドライフ  |  同じ釜の飯を食う »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/625-d576d6e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム