FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

副読本 

ぼくらは「化学」のおかげで生きている
 齋藤勝裕
  実務教育出版



「本が好き!」(http://www.honzuki.jp/)より献本頂きました。感謝。

化学、というと縁遠い存在に思えるが、
「ポリ袋」
「液晶テレビ」
「太陽光パネル」
「香料」
は、化学のおかげ、と言えば、身近に感じるかもしれない。

本書では、どんな製品が、どのような化学の法則を利用しているか、化学が自分達の暮らしにどれだけ貢献しているか、を解説したもの。
化学の副読本、といった感じの内容。

化学の教科書では無味乾燥に説明されているが(それが当然だが)、本書では、日常生活で使ったり、目にしたりするものと化学を結びつけて解説している。
化学の知識がなくても、そんなに面食らうような事は無い入門的な内容になっているので、とっつきやすい。
が、反面、それ以上の内容も知りたい、という人には物足りないかもしれない。

ちなみに自分には、ちょうどいいくらいだった。
かつて、高校の頃、化学を選択したが、挫折した経験があるので、化学分野の本に関しては、「入門編」を何度も繰り返している・・・。

スポンサーサイト



カテゴリ: 齋藤勝裕

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 健康に感謝  |  鵜呑みにしない »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/631-0d60b898
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム