小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並行宇宙いろいろ

隠れていた宇宙  上・下
 ブライアン・グリーン 著
 大田直子 訳
 竹内薫 監修


「並行宇宙」の事を扱った本、と言うと、SFが思い浮かぶだろうが、本書は物理学の一般向けの解説書。
「宇宙は、一つではないのではないか?」という話は聞いた事があるし、本も読んだ事がある。

本書でも他の宇宙が紹介されるが、それは一つではない。
この「一つではない」というのが、一番、驚いた。

紹介される宇宙は、
「パッチワークキルト多宇宙」
「インフレーション多宇宙」
「プレーン多宇宙」
「サイクリック多宇宙」
「ランドスケープ多宇宙」
「量子多宇宙」
「ホログラフィック多宇宙」
「シミュレーション多宇宙」
といったもの。

最後には、これらを全部ひっくるめた「究極の多宇宙」というものまで出てくる。
まるで、ヒーロー物のマンガ、アニメに時折、登場する「それまでの敵の能力を全て使える敵」のよう。

これらの多宇宙については、おそらく分かりやすい順で紹介されていると思う。
が、それであっても途中から、ちゃんと理解できているか、自信が持てなくなった。
ただし、本が難解だ、という訳ではなく、その説を支える考え方が、普段、あまり馴染みの無い考え方なので、とっつきにくいだけだと思う。

本書に登場する宇宙は、物理学の理論から、「そのような宇宙が存在してもおかしくない」という宇宙ばかり。
著者も言っているが、「これは本当に科学なのか?」という気がしないでもない。

それにしても、フィクションの専売特許だった「並行世界」が、物理学の研究対象になるとは・・・。

これらの内のどれか、または全て、もしくは、全く別の並行世界の存在が証明される日が、いつか来て欲しい。
例え直接、観測する事が不可能であるとしても。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/633-36c46044

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。