FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

ビルのふしぎな旅 

ファザー・グース
  ウィリアム(ビル)・リッシュマン
  武者圭子 訳
   新潮社


読了日:2018/08/18

あらすじ・要約:
「鳥と共に空を飛びたい」と願った男が、その夢を実現させるまでを描いたノンフィクション。
ハンググライダーにエンジンをつけただけのようなウルトラライトプレーン(超軽量飛行機)で飛ぶ著者と、それと編隊を組むカナダガンの写真が印象的。
映画「グース」(1996年 監督:キャロル・バラード)の原作(というより原案)

感想:
2014年から2017年の初夏の時期、3年連続で、近くの公園でカルガモ親子を観察する事ができた。
2014年:https://park-photo.at.webry.info/201405/article_7.html
2015年:https://park-photo.at.webry.info/201505/article_1.html
2016年:https://park-photo.at.webry.info/201607/article_3.html
その時、もしチビカモ達が、自分の後をついてきてくれたら、興奮のあまり、鼻血を出して倒れていたに違いない、と思ったものだった。

チビカモがついてきただけでも、大騒ぎなのに、鳥と一緒に空を飛ぶなんて、うらやましい以外のなにものでもない。
ただし、そのための準備はしなくてもいい、という前提で。

ところで、本書にはカラー写真も豊富に掲載されているが、その写真を見て思うのは、やはり「飛んでいる鳥の姿は美しい」ということ。
その姿を手が届きそうな場所から見られる、それどころか自分の後をついて飛んでいる、というのは、うらやましいを通り越している。
もっとも、映画「WATARIDORI」(2001年 監督:ジャック・ペラン)を見る限り、鳥の方からすると、飛ぶ事は、そんなに優雅なものではないみたいだが。

それにしても驚かされるのは鳥の方向感覚の鋭さ。
渡りの往路は著者がガンたちを先導したが、復路はガンたちだけで戻ったという。

チビカモを観察していた時も、散歩の置いてけぼりをくったヒナが、鳴いても迎えが来ない事を悟った途端、自分で家族を追いかけていったのを何度か目にした。
しかも追いかける途中、道に迷うそぶりは全く無し。
もっとも鳥たちに言わせれば、人間の方が鈍すぎるのだろうが。

最近、読んだ「鳥」(ジェニファー・アッカーマン 鍛原 多惠子 訳 ブルーバックス)にも書かれていたが、所謂「鳥頭」は、褒め言葉として使わなければならないのかもしれない。
スポンサーサイト



カテゴリ: ウィリアム・リッシュマン

テーマ: 読書感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« 「敵/味方」思考  |  聞こえるか? 聞こえるだろう »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/642-ba33ce07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム