FC2ブログ
10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

SFなニュース【予兆】 

ベテルギウスに超新星爆発の予兆
 (asahi.com より
  http://www.asahi.com/science/update/0109/TKY201001090278.html)

オリオン座のベテルギウスに超新星爆発へ向かうと見られる
兆候が観測されている。

多くの人がオリオン座の星の並びはすぐ思い浮かぶと思うが、
ベテルギウスは、その左上の星、と言えばピンとくるだろう。

ベテルギウスは、地球から 600 光年の位置にある赤色巨星。
太陽の位置にベテルギウスがあったとしたら木星まで飲み込ま
れるほどの大きさだという。
2009 年 6 月のニュースで、このベテルギウスが急速に縮小し、
現在は金星軌道ほどの大きさになっているらしい。
(ナショナルジオグラフィックニュースより
 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=71663876&expand)

肉眼で見えた超新星爆発は、1987 年、大マゼラン星雲で起きた
もの以降、観測されていない。
この時のドタバタは、野本 陽代 著「ドキュメント 超新星爆発
―400年目の大事件」(岩波書店)に詳しい。
ちなみに小柴 昌俊教授がノーベル賞を受賞した時にいろいろ紹介
されたスーパーカミオカンデの前身であるカミオカンデがこの時、
ニュートリノを検出している。

記事によると「爆発は数万年後かもしれないし、明日かもしれない」
とのこと。
もしかしたら既に爆発してしまっているが、その光がまだ届いて
いないのかもしれない。
爆発してたらオリオンが棍棒の代わりにチアガールのボンボンを
持つようになるのでは、と心配してしまった。

ところで、600 光年、という距離が気になる。
地球に超新星爆発の影響があるのでは?と思ったので、他のサイト
でいろいろ調べみると、超新星爆発の影響は、あるかもしれないが、
その影響は小さいようだ。

ただし、ガンマ線バーストが発生した場合は別。
指向性があるので、地球の方を向かないように祈るしかない・・・。
スポンサーサイト



カテゴリ: SFなニュース

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

[edit]

« SFではないニュース【鳥の渡り】  |  鳥の群れ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/81-92459594
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム