小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【地球に近づくもの】

正体不明の物体、地球に接近
 asahi.com より
http://www.asahi.com/science/update/0113/TKY201001130311.html

NASAは日本時間の1月13日、21時46分に正体不明の物体が
地球に12万キロまで最接近すると発表した。
ちなみに地球と月の間の距離はおよそ38万キロ。

過ぎてしまったので、面白み(?)は半減してしまったが、いかに
近い所を通り過ぎたのかがよく分かる。

地球に近づく小惑星を監視するシステムを作り上げたら、それが
最初に見つけた物体は、地球外知的生命体の作った宇宙船だった、
というのは、アーサー・C・クラークの「宇宙のランデブー」だが、
今回の物体の正体は10~15メートルの小惑星と考えられるそうだ。

地球に落ちてこなくて良かった、と思ったがNASAによると、
これくらいの大きさの小惑星が月より近い所を通るのは、1週間に
1度くらい起こるらしい。

・・・という事は、たまに地球に落ちてきても不思議ではない!?

飛んできたミサイルを撃ち落とす方法より、飛んできた小惑星を
どうにかする方法を考える方がより切実な問題のような気がする。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/83-d7b4e2fc

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。