小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

SFなニュース【ビックバンから1000分の1秒後の世界】

「原始宇宙の火の玉再現」

aspara クラブ a サロン 科学面にようこそ より
原始宇宙の火の玉再現

欧州にある世界最大の粒子加速器「LHC」で誕生直後の
宇宙の姿を再現し、その性質を調べる実験が始まる。

これまで「LHC」に関しては、

「ブラックホールを作ってしまうのではないか」

という怖い話から始まって、

「物理専攻の女子大生が設計ミスを見抜いた」

「鳥が落としたパン屑で冷却装置が停止」

(ポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」より)
など、いろいろなネタを提供してくれたが、ついに実験
が始まるらしい。

目指すは「10兆度の宇宙の状態を再現」

ちなみに太陽の表面温度は約 6000 度。太陽のコロナは、
それより高く 100 万度。(Wikipedia より)
・・・もはや想像もつかない温度だ。


ウルトラマンの最終回に出てきた怪獣のゼットンは
「1兆度の火の球」を吐く、という設定だったのを
考えると
「ウルトラマン、あなたは決して弱くない」

というか

「ゼットン、キミの必殺技は使ったら自分が死ぬ」

ミツバチなら自分が死ぬだけだが、ゼットンの場合は・・・。

というより、ゼットンを連れてきたゼットン星人、
「地球侵略に来ておきながら、地球の存亡
どころか、宇宙規模の災害を引き起こす
ような怪獣を連れてこないでくれ」

もう少し地球侵略者としての自覚を持って欲しい。

このためにいろいろ調べてたが、ネットでは同じような
事を考えていた人が多くいた・・・。
そして、ゼットンのネタは「空想科学読本」(柳田 理科雄)
にもあるそうな。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/86-e3bf8897

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/