FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

宇宙を夢見た男たち 

これが最後。

今度は、映画です。(どちらかというとマイナーな)

・「月のひつじ」 ロブ・シッチ監督


 オーストラリアの片田舎にある電波天文台が舞台。
 アポロ11号による人類初の月面着陸の放送を中継をしたのが、
 この天文台です。

 裏方の密かな苦闘が胸をうちます。

 ちなみに、この映画は劇場で見たのですが、ひつじ年の正月の
 企画でした。(そのまんま・・・)

・「スペース・カウボーイ」 
 クリント・イーストウッド監督


 かつてアメリカ初の宇宙飛行士として訓練を受けていたフランク。
 (クリント・イーストウッド)だが、土壇場でその夢は、潰えて
 しまう。

 そして40年後・・・

 老朽化した衛星の修理のため、宇宙に行くチャンスを得たフランク
 は、当時の仲間を集めて、宇宙を目指す。

 この話自体はフィクションですが、実際に「ライト・スタッフ」の
 一人のジョン・グレンが77歳にして、スペースシャトルに乗り込んで
 宇宙に行った、という事実もあるので、紛れ込ませました。

 好きな映画なので、書いてるとネタバレしそうなので、印象的な
 セリフだけ。

 「オレの人生最悪の日を教えてやる!
  ・・・お前が宇宙に行こうと言った日だ!」
 (ネタバレになりそうなので、どんな場面かはナイショ。
  気になる人は映画を見て下さい。)

 「な~に、たった40年さ」
 (宇宙遊泳中、地球を見たとき、管制官から、長年待たされたな、
  と言われたことに対する返事)
スポンサーサイト



カテゴリ: 宇宙

テーマ: 感想 - ジャンル: 本・雑誌

[edit]

« ”進化” を計測する!?  |  宇宙を夢見た男たち その3 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/9-b9a6a12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カウンター

プロフィール

検索フォーム