小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

宇宙を夢見た男たち

これが最後。

今度は、映画です。(どちらかというとマイナーな)

・「月のひつじ」 ロブ・シッチ監督


 オーストラリアの片田舎にある電波天文台が舞台。
 アポロ11号による人類初の月面着陸の放送を中継をしたのが、
 この天文台です。

 裏方の密かな苦闘が胸をうちます。

 ちなみに、この映画は劇場で見たのですが、ひつじ年の正月の
 企画でした。(そのまんま・・・)

・「スペース・カウボーイ」 
 クリント・イーストウッド監督


 かつてアメリカ初の宇宙飛行士として訓練を受けていたフランク。
 (クリント・イーストウッド)だが、土壇場でその夢は、潰えて
 しまう。

 そして40年後・・・

 老朽化した衛星の修理のため、宇宙に行くチャンスを得たフランク
 は、当時の仲間を集めて、宇宙を目指す。

 この話自体はフィクションですが、実際に「ライト・スタッフ」の
 一人のジョン・グレンが77歳にして、スペースシャトルに乗り込んで
 宇宙に行った、という事実もあるので、紛れ込ませました。

 好きな映画なので、書いてるとネタバレしそうなので、印象的な
 セリフだけ。

 「オレの人生最悪の日を教えてやる!
  ・・・お前が宇宙に行こうと言った日だ!」
 (ネタバレになりそうなので、どんな場面かはナイショ。
  気になる人は映画を見て下さい。)

 「な~に、たった40年さ」
 (宇宙遊泳中、地球を見たとき、管制官から、長年待たされたな、
  と言われたことに対する返事)
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/9-b9a6a12e

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/