小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文系人間ですから・・・

「数学でつまずくのはなぜか」
  小島寛之  講談社現代新書


「文系人間ですから」という人は、大抵、数学の何かの分野で授業に
ついていけなくなったのだろう。
ちなみに自分は「幾何・解析」のあたりで、数学を諦めた。

受験勉強で数学を気にしなくてもよくなった時は、かなり清々しい
気持ちになったものだ。

数学から開放されて、数年後、何がキッカケになったのかは、もはや
覚えていないが、数学に関する本を時々、読むようになった。
「尻を叩かれて」ではなく、「興味の向くままに」だと見える世界が
まるで異なり、「数学というものは、こんなに面白いものだったのか」
と改めて思うことがしばしば。
(基礎知識が足りないため、十分理解できない、というケースは
 あったが・・・)

「試験を受ける必要がない」
「途中で投げ出しても、後で何も困らない」
という「気楽さ」があるのは間違いない。
が、それだけでもない気がする。

学校で教える数学は、ルールを覚えさせることが、まず第一。
これが分かることが、どんなことに繋がっていくか、どんな世界が見えて
くるのか、というのを伝える事はしない。
一部の先生は、そういう事もやって、数学に興味を持たせようとしている
かもしれないが、少なくとも教科書には、そのような事などは書いて
いない。

ならば、数学に興味を持たせるようにすればいいのに、と漠然と考えて
いたが、事はそんなに単純な話でもないらしい。

数学教育関係者は「数学はこんなに約に立つ」と主張する傾向があり、
数学者は「数学はこんなに自由でファンタスティックだ」と主張する
傾向があるそうだ。

ただ、著者によれば、どちらも子供たちが抱える「数学の忌々しさ」と
かみあったものでない、という。
「数学の忌々しさ」とは、一言で言って、「規範としての数学」という
面である、と言っている。

数学はいろいろなルールを厳格に子供たちに課すが、子供たちにして
みれば、なぜそんな厳しいルールに縛られなければならないか、簡単
に納得できないためであるという。

ルールに従順な子供は、比較的、数学の成績がいいが、ルール自体に
納得しなければ、気の済まない子供は、数学の才能があったとしても、
学校制度が要求する枠からはみ出してしまう事が多いのだ。

実際、「落ちこぼれ」の烙印を押されてしまった子供でも、数学的な
考え方が理解できない、という訳ではないのだ。
中には、数学オリンピックにも出場できるほどの才能を持っている
子供もいるらしい。

人より、納得するまでに時間がかかるが、その間にも学校の授業は
どんどん進んでいってしまうため、「落ちこぼれ」扱いされてしまう。
そんな子供たちをひろってあげられる、もしくは仮に数学の才能は
なくとも別の才能を見いだすのが、理想なのだろう。
が、今は個人、または小規模なグループの活動だけに頼っているようだ。
これが大きな動きになっていって欲しい、と思う。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/90-c5b6d4b8

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

 こんばんは!!!
数学に対する思いの変化は似てますわ。
 おっしゃる通り試験も無い気楽さというのは間違いなくあるのですが、
>>、「興味の向くままに」だと見える世界が
まるで異なり、「数学というものは、こんなに面白いものだったのか」
と改めて思うことがしばしば。
上記の感想と同じく、数学が学生時代とは違って非常に魅力ある世界だと思うようになって積極的に数学の世界に触れるようになりました。

 数学の持つ豊穣な世界を知ってから、もっと学校でそういう部分を伝えれば数学嫌いも減るのにとは思っていたのですが、やはりそう簡単にはいかないのですね。

 でもこれから少しずつでも横並びの教育ではなく、もっと柔軟な教育へ変化して欲しいなと思います。そうでないとせっかくの才能が芽吹かないかもしれないのはもったいないです。

こんばんは

コメントありがとうございます。

(数学に限らず)教科書が読んで面白くないのは
仕方がないですが、せめて導入の部分だけでも、
興味が持てるような作りをするとか、先生が
もっと教え方を工夫できるような時間を持てる
ようにするとかして欲しいですね。

少なくともそういう努力をする先生が報われる
ようになってくれれば、と思います。

>  でもこれから少しずつでも横並びの教育ではなく、もっと柔軟な教育へ変化して欲しいなと思います。そうでないとせっかくの才能が芽吹かないかもしれないのはもったいないです。

自分でさえ、今になって、数学の面白さが
(部分的にでも)わかるようになってきた
のだから、埋もれてしまった才能は数え
きれないような気がします。

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。