小人閑居

「ベストセラー」より「知る人ぞ知る」といった本を紹介していきたいと思います。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFなニュース【氷の下に潜むもの】

南極大陸の氷の下には、いろいろ妙なものがあるらしい。

南極、幻の山脈:ガンブルツェフの全貌
    -ナショナルジオグラフィックニュースより

<---まぼろしの雪山---------->
南極の氷の下に山脈がある。その名は「ガンブルツェフ山脈」
標高は約2600メートルで、激しい起伏を持っている。

これまでは、6000万年以内くらいの比較的最近に形成された
もの、と思われていたが、最近の研究で、5億年以上昔に形成
された古い山脈であるらしい、ということが判明した。

ただ、そんなに古い山脈にしては、侵食が少なすぎるそうだ。
氷で保護されていた、という説もあるが、それでも氷のなかった
古代からの侵食が見つからないので研究者も頭を抱えている。

<---湖の秘密---------->
場所は異なるが「湖」も氷の下にある。「ボストーク湖」である。
こちらは氷の下にも関わらず、液体の水が存在するらしい。

Wikipedia によると湖の中央付近には「島」まである、との事。
また、南極の氷の下にある湖は、この「ボストーク湖」だけで
ないらしい。

ボストーク湖は、ボーリング調査が行われているが、汚染を
恐れて「湖面」までは達していない。


ETRANGER(エトランゼ)(原作:梶研吾、漫画:宮沢順)で
人間を異形の怪物にする物質は、元々は永久凍土の下に閉じ
込められていたが、温暖化による氷の融解で、世界に蔓延する
ようになってしまった、という話であった。

氷の下の不思議には興味があるが、藪をつついて、「蛇」
どころか「竜」を出してしまわないようにしてほしい。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://randokukanso.blog79.fc2.com/tb.php/94-8384c5c4

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。